LINE Pay(ラインペイ)VISAカードの赤は枚数限定。オリンピック限定スペシャルデザイン。本当は紅色?

この記事は約3分で読めます。

LINE Pay(ラインペイ)VISAカードの赤いカードは、東京オリンピックのスペシャルデザインだね。

枚数限定のプレミアムで申し込みは、LINE Payを通じてのみ、申し込みができるね。

VISAは、「東京2020オリンピック競技大会で使える唯一の決済ブランド」だそうです。

令和元年8月に予約開始予定の、「LINE Pay(ラインペイ)VISAカード」。

オリンピック限定、枚数制限のあるスペシャルデザインのカードも申し込みできる予定です。

「LINE Pay(ラインペイ)VISAカード」のデザインについて、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pay(ラインペイ)VISAカードのスペシャルデザインカード

以下は、LINE社のサイトのプレスリリースからの引用です。

 

公式サイト】より

日の丸をイメージした赤のカードは、東京 2020 オリンピック競技大会を記念したスペシャルバージョンとして、オリコとLINE Payの協力のもと、枚数限定で発行する予定です。

スペシャルデザインカードは、「赤色」?「紅色」?

東京2020オリンピックのイメジカラーは「藍色」と「紅色」です。

確かに「紅色」は「赤」ととても近い色です。が、本当に東京2020オリンピックのことを熟知していたら「赤のカード」とは表記せず、「紅色のカード」と表記しているはずですね。

「紅色」とすべきところ、どこかで食い違いがあったのか、本当に「赤色」のカードなのか?

本当は「紅色」とすべきだったのでしょう。

「赤いカード」はこんなイメージ

「赤いカード」というと、楽天カードみたいです。

上は、ETCカードの画像ですが、ロゴが違うだけで、かなり近いイメージになりそうですね。

実物の「LINE Pay VISAクレジットカード」スペシャル版がどんなかんじなのか、楽天カードみたいなのか、相当に洗練されたものになるのか、気になるところです。

なぜ「藍色」のカードはない?

どうせなら、東京オリンピックのもう一つのイメージカラー「藍色」のカードも選べると良いかなぁと思います。

しかし、プレスリリースでは「日の丸をイメージした赤のカード」とあるので、「藍色」はありませんね。

地味すぎるからでしょうか?

標準版の「LINE Pay VISAクレジットカード」のデザインは?

でも、「LINE」のイメージカラーは、「グリーン」です。

「LINE Pay VISAクレジットカード」の標準デザインは、グリーン基調になるのが有力です。

2019年6月6日のプレスリリースには、こんな画像が掲載されました。

公式サイト】より

バーチャルカードのイメージですが、やはりグリーンですね。

まとめ

「LINE Pay VISAクレジットカード」のスペシャルデザインは、日の丸をイメージした「赤色」との発表でしたが、本当は「紅色」なのでは?

どうでも良いようなことかもしれませんが、突っ込んでみました。

クレジットカードのデザインって、大事だよねー

コメント