LINE Pocket Money(ポケットマネー)とは3つのポイント

この記事は約2分で読めます。

今すぐ、ちょっと、あるといい♪

LINE Pocket Moneyのキャッチフレーズだね

LINE Pocket Moneyとは何か? 

その特徴を、キャッチフレーズからまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pocket Money 3つのポイント

「今すぐ、ちょっと、あるといい」が、LINE Pocket Moneyのキャッチフレーズです。

この短い言葉に、特徴がまとまっています。

今すぐ

申し込んで、審査に通っていれば、スマートホンの操作で「今すぐ」借り入れができます。

手のひらの操作で、一瞬に足らなかったお金が足りるようになるので、とても便利なサービスです。

ATMに並ぶ必要もありません。

現金を引き出す必要もないので「今すぐ」です。

ちょっと

少額の借入なので、「ちょっと」です。

1円から最大100万円です。

普通は、1円から50万円までが限度ですが、増額の審査を受けることで100万円までが可能になります。

個人向けの少額ローンです。

企業向けには、LINE Bankの設立が進められています。

あるといい

個人の夢を叶えるのに「あるといい」サービスです。

若い時、一刻も早く、その時しかできない夢をかなえるのに、未来稼ぐ予定のお金を、今、借りることが出来ます。

若者中心に、夢とかなえよう、というものです。

スポンサーリンク

ちょっと残念なポイント

一方で、ちょっと残念な点です。

今すぐ

「今すぐ」といって開始したものの、開始早々、審査に時間がかかったり、借入が停止されたりしました。

申し込みが殺到したとはいえ、「今すぐ」が実現できませんでした。

「あてにしていたのに、借りられない」と残念に思った人があるでしょう。

ちょっと

「ちょっと」とは言われても、できるだけ多く借りたい、というのが人情です。

仮審査通りの金額が借りられた人は、非常に少なく、減額されたり、ゼロ回答だった人もあります。

特に、「借りられる」と思っていた人は、とても残念であったと察します。

あるといい

こんなサービスが本当に「あるといい」と思われるかは、これからですね。

現時点では「なくてもいい」のかな、と思います。

スポンサーリンク

まとめ

「損をしない」を目標としたサービスなので、保守的になってしまいますね。

個人の本当の価値を見極めて、本当に困っている人を助けられるサービスに進化することを願っています。

期待しているよ~

コメント