改悪?LINE Point Club(ポイントクラブ)スマート投資 ポイント付与無し

この記事は約6分で読めます。

いよいよ、「LINE Point Club」が始めるね。

囲い込みだけど、VISAカードが必要だよ。

2020年5月1日より、「LINE Point Club」が始まります。

「マイカラー」に代わり、還元率が決まるのですが、大きな意味があります。 果たして、改悪なのでしょうか?

最後に気を付けないと損するポイントがありますので、ぜひ最後まで読んで下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Point Club(ポイントクラブ)は改悪?

LINE Payでの還元率は、改悪の歴史と言われます。ただ、今回は「改悪ばかりではない」と分かります。

表にしてみました。

時期還元率決定要素ランクアップ難易度
開始当初2%一律
~2020年4月30日0.5%~2%前月の利用金額
2020年5月1日~0%~3%過去6カ月のポイント獲得合計

改悪・改善のそれぞれを見てみましょう。

改善された点

改善された点です。

還元率アップ

1番目の改善ポイントは、還元率がアップされたことです。

最高2%だった還元率が、3%になるのは、改善以外にありません。

しかも、還元ポイントに上限はありません。

3%の還元というと、月間5万円の買い物したら、何もしなくても1500円返って来る計算です。

通常のクレジットカードの還元率は、良くて1%なので、月間5万円の買い物したら、500円分返って来る計算です。

通常還元率の3倍オトク! ということですね。

ランクアップ・維持が容易

2番目には、ランクアップやランクの維持が容易、ということです。

せっかくの高還元率であっても、そのランクに到達できなければ意味がありません。

「マイカラー」はアップも維持も難しい

4月30日までの「マイカラー」は、ランクを上げることも、維持も難しかったのです。

「マイカラー」による2%還元率を得るには、前月に10万円以上をラインペイで払う必要がありました。

これって、結構ハードルが高いです。

1か月はできても、続けるのは難しいですね。

「LINE Point Club」は、アップも維持もカンタン

5月1日からは、半年間のLINEポイント合計でランクが決まります。

過去半年間だから6ヶ月です。

この長期であれば、1月でも高ポイントを獲得すれば、6カ月は維持できる可能性があります。

しかも、対象はLINEポイントなので、LINEPayで買い物しなくても貯めることが出来ます。

「LINEショッピング」経由の買い物なら、便利なAmazonをクレジットカード決済しても、購入金額の0.5%以上のLINEポイント付与があります。

「SHOPIN GO」なら、店頭での買い物の時に、バーコードを読んでもらうだけで、ポイント付与されます。

知っておいて、ちょっとひと手間かけるだけで、LINEポイントは貯まります。

LINE Point Clubなら、極端にはラインペイで1円も使わなくても、最高ランクになれる、ということです。

クーポンが配布される

3つ目には、これまでなかったクーポンが、ランクに応じて配布されることです。

店頭でLINE Payを使う時に、買い物に使えるクーポンです。

これまでも、100円分のクーポンが、たまに配布されました。

毎月、最高10枚配布されるのは、嬉しいですね。

仮に、1枚100円分としても、合計1000円分です。

予想ですが、初期はよりオトクなクーポンを配布して、LINEポイントクラブに参加してない人が悔しがって、早く参加したい気持ちにさせるのではないか、と思います。

上のように予想しましたが、始まってみたら、100円あるいは5%分還元のクーポンでした。

ただ、1月でも5000ポイント獲得したら、6ヶ月は毎月10枚のクーポンが貰えます。

6が月なら6000円分なら、悪くないですね。

特に、毎月、ドラッグストアで日用品を買われる主婦には嬉しいです。

改悪された点

次に、改悪された点を見てみましょう。

還元にVISA LINE Payカードが必須

買い物での還元には、VISA LINE Payカードが必須であることは、大きな改悪です。

LINE Payでの支払い、すべてが3%還元になるのではありません。

「チャージ&ペイ」で決済しないと3%の還元になりません。

「チャージ&ペイ」は、決済時に「VISA LINE Payカード」からチャージして払う、というものなので「VISA LINE Payカード」がないと支払い時の還元が得られないのです。

これまで主流だった「LINE Pay残高」での支払いでは、還元はゼロです。

残念ですが、「VISA LINE Payカードを早く作れ」とのLINE社の思惑ですね。 

スマート投資でのポイント付与無し

スマート投資(ワンコイン投資)を、LINE Pay残高から行ったとき、ポイント付与の対象でなくなってしまいます。

2020年4月30日まで

その他、プリペイドカードへのチャージや、金融商品の購入なども、ポイント付与の対象でないものがあるので、注意が必要です。

公式サイトより、抜粋

図中※1…下記LINEサービスのお支払いにはご利用いただけません。
・LINE証券
・LINE Pocket Money
・BITMAX
・スマート投資(ワンコイン投資)

図中※2…下記はポイント還元の対象外となります。
・電子マネー/プリペイドカード/Walletサービス等へのチャージ
   (WAON,Edy,Suica,PASMO,Kyash等)
・金融商品の購入(投資信託、証券等)
・税金/保険において、1回あたりの支払につき5万円を超える分
・国民年金保険料
・寄付
・年会費(クレジットカード年会費、ETC年会費等)
・手数料(リボ払い・分割払い手数料等)
・キャッシング
・その他、当カードの利用において指定するポイント対象外の商品/サービス

まとめ&注意点

まとめると、改悪はいくつもありますが、3%の還元は魅力です。

また、配布されるクーポンも楽しみです。

LINE Payでの決済で3%の還元を得るには、「VISA LINE Payカード」が必須です。

使えるお店も多いですし、ぜひ、持っておくのをおススメします。

「VISA LINE Payカード」単体で、普通にクレジットカードとして使用しても、2021年4月31日までは、3%の還元です。

これだけの高還元率のカードは現在ありません。

その他、タッチ決済に使えるなど、便利です。

注意点

注意点としては、早く「VISA LINE Payカード」を持っておかないと、遅れるだけ損をする、ということです。

クレジットカード単体での3%還元は、現在「2021年4月31日まで」と決まっているので、入手が遅くなればなるほど、3%還元を受けられる期間が短くなってしまうのです。

クレジットカードとして3%還元のカードは他にありませんし、ポイントも貯まりやすい。

AI技術をアプリに取り込み、各方面で利用されいるLINEですので、ますます便利になるでしょう。

VISA LINE Payカードと「チャージ&ペイ」で、全方位で3%ポイント還元は、とてもおすすめです。

これからも、クーポンや活用事例をお伝えします!

コロナに勝って、2021年にはオリンピックだ!

コメント