OpenChat(オープンチャット)の管理者目線での利点【LINE】楽々管理

この記事は約3分で読めます。

これまでの「トークグループ」管理がしにくかったね。

LINEのOpenChatなら、管理がかなりしやすくなっているよ。

LINEの新機能「OpenChat(オープンチャット)」が始まりました。

これまで、トークグループを運営していた人には、願ってもない機能が沢山です。

今回は、グループを管理する人の視点で、OpenChatの利点をまとめてみました。

プロフィール設定の変更が可能

人間はいくつもの顔を持っています。

女性なら、妻・主婦・お母さん・お嫁さん・キャリアウーマンなど。

それぞれに見せる顔が違います。

そのように、OpenChatなら、属するグループによって名前や写真を変えることができます。

管理者は、「このグループは実名限定」としても、LINEで実名でなかった人もプロフィールを変更すれば、グループ内だけは実名にできます。

名前を「○○ちゃんのお母さん」に統一する、という使い方もできますね。

管理者ができることと責任が増える

グループの作成者が管理人です。ここまでは、今までと同じです。

以下が、OpenChatで、新たにグループ管理者ができるようになったことです。

  1. 管理人は、共同管理者を100名まで指名できます。
  2. NGワードを登録できます。
  3. グループに参加する人を制限できます。
  4. グループに参加していた人を強制退会できます。

できることが増えた分、責任も増えます。グループが荒れるのは、管理者の責任です。

管理者には、王冠のマークがあることで区別できます。

招待・参加方法

間違ってグループを退出してしまった人に、再度、グループに参加してもらうには、改めて招待する必要がありました。

OpenChatなら、出てしまった人から、自分の操作で参加してもらうこともできます。

グループ参加者だけが知っているパスフレーズを決めておけば、参加を限定もできます。

利便性と秘匿性の両立ができます。

過去のトーク履歴を閲覧できる

管理者の困りごとの大きなものとして、新しく参加してきた人に、「過去のトークを見てください」とは言えませんでした。

OpenChatなら、「過去のトーク履歴を見てね」と気軽に言えます。

過去、180日分の履歴を見れば、大抵十分です。

直近の話題の流れも分かるので、参加して間もない人でも、会話に参加することが出来ます。

最大5000人まで参加可能

従来のLINEグループでは、最大500人でした。

そうそう溢れて困ることはありませんでしたが、OpenChatは広く興味ある人とコミュニケーションをとる目的もあります。

5000人規模なら、大抵のコミュニティは作れそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

管理者的には、かなり便利になりました。

グループが荒れるのは、管理者の責任なので、しっかり取り締まりましょう。

そうしないと、LINEアカウントが、はく奪されるかもしれません。

排除も必要なこともあるよ。

コメント