給与ファクタリングの基本.個人が給料を即日で現金化できる

この記事は約4分で読めます。

給料日まで、お金が足りない・・・

「給与ファクタリング」なら、給料日前に現金を振り込んでもらえるよ。

「急に現金が必要」ということは、誰にもあるでしょう。

LINEポケットマネーの審査が通らなかった人でも、定期収入があるなら「給与(給料)ファクタリング」を利用できるかもしれません。

「給与(給料)ファクタリング」の基本をまとめてみました。

 

「給与ファクタリング」おススメの5社
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「給与(給料)ファクタリング」の基本

「ファクタリング」とは

もともと「ファクタリング」とは、企業の売掛金を現金化してくれるサービスとして始まりました。

「ファクタリング」は「売掛金の現金化」が始まり

「売掛金」とは?

「売掛金」とは「入金してもらえる予定のお金」です。

一定期間のあと、現金として支払ってもらえる「予定」のお金です。

たとえば、

きょべー
きょべー

マイホームを建ててくれたら1000万円払うね

こんな契約をしたら、マイホームが建つまでの間、1000万円は「売掛金」となります。

マイホームが建ったら支払われる「予定」のお金です。

「売掛金」は現金になる「予定」のお金

「予定」なので「売掛金」がどれだけあっても、「支払い」はできません。

企業に「黒字倒産」があるのは、売掛金が沢山あって、帳簿上は黒字(収支上はプラス)なのに、支払う現金が足りず、経営が立ち行かなくなるからです。

「売掛金」を一定の手数料で買い取り、現金として入金してくれるのが、企業向けの「ファクタリング」です。

「給与ファクタリング」は個人向け

一方、個人でも「給料日前に、急に現金が必要」ということはあります。

個人向けにも「振り込まれる予定の給料を、前もって現金化する」サービスとして生まれたのが「給与ファクタリング」です。

「給料の前借」は昔からあった

昔なら「給料の前借」が割とあったようです。

【社員】子供が病気で医者にかかるので、給料の前借を・・・

【社長】よっしゃ、わかった!

こんな感じです。

経営者と社員との信頼関係で成り立っていたものでしょう。(義理と人情の世の中でしたから・・・)

「給与ファクタリング」は給料の買取

払われる給料を前提に、法的に企業が間に立ち、給料日前に現金を振り込むのが「給与ファクタリング」です。

日本でも、人と人との関係性が薄くなり、人情よりも「法律」や「法規」が重視されるようになってきました。

そんな風潮の中で、個人向けファクタリングである「給与ファクタリング」(「給料ファクタリング」ともいう)が流行してきています。

ファクタリングの基礎知識

「借金」ではない

ファクタリングは、借金ではなく、売掛金や給与を入金前に買い取ってもらうサービスです。

借金ではないので、いわゆる「金融ブラック」の人であっても利用できます。

利用しても、信用情報に傷はつきませんし、保証人も不要です。

収入がなければならない

アルバイトやパートでも良いですが、収入があることが条件です。

現金化できる額は、残業代を含まない、基本給が上限となります。

申し込み必要書類

2か月分の給与実績がわかるもの

以下のいずれかが必要です

  • 給与振込口座の銀行通帳2か月分
  • 2か月分の給料明細

本人確認できるもの

以下のいずれかが必要です

  • 運転免許証
  • パスポート+公共料金領収証

所属する団体が分かるもの

  • 社名入り保険証(社会保険証)

あると良い書類

以下のものがあると審査が早くなったり、手済料が優遇されたりします

  • 給与明細
  • 公共料金領収書
  • 名刺
  • 社員証
  • 住民票(家族全員記載)

「給与ファクタリング」各社共通事項

「給与ファクタリング」の各社は、大体以下の事項は共通しています。

来店不要

基本的にスマートホンと電話で、申し込み・審査・契約が完結します。

来店せずに契約が完了できます。

24時間受付

受付自体は24時間、メールフォームで受け付けています。

ただし、審査結果などの連絡が来るのは、各店の営業時間内になります。

最短30分審査

「最短30分で審査可能」とうたっており、昼休みだけで契約が終わることも不可能ではありません。

ただし、営業時間内に審査に必要な書類の準備が出来ており、受付が混雑していないことが必要です。

最低でも30分はかかる」と思って、時間の余裕をもって申し込みましょう。

平日15時までの審査通過で即日の振込可

「即日振込可」ですが、平日の15時までに審査が通過した場合です。

こちらも、別項で記載する必要準備物を用意して、余裕をもって申し込みましょう。

在籍確認

「会社にバレない」は各社共通です。

ただし、企業名を名乗らず電話をかけて、在籍確認をするケースもあるようです。

まとめ~個人向けファクタリングは始まったばかり

個人向けファクタリング「給与ファクタリング」は、始まって間もないです。

新しい資金調達法には、クラウドファンディングなどもありますね。

まだまだ、情報は増えそうですが、基本を押さえておきましょう。

これから、もっと増えるよ!

コメント