LINE Pay(ラインペイ)ポイントがつかない理由3つの死角

この記事は約3分で読めます。

LINE Payでポイントつかない!

いくつかのケースがあるね

「LINE Pay(ラインペイ)で買い物したのに、ポイントがつかない」という声が、時々聞かれます
LINE Payで買い物したら、通常は還元があるはずです。
どのような場合は、ポイントが付かないのでしょうか?
まとめてみました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Payポイント つかない

ケース1:還元されているのに気付かない

第1のケースは、「還元がLINEポイントから、LINE Payボーナスになったたため、気付かない」という場合です。

Payトクキャンペーンで、20%還元が盛んにされていた2019年前半は、還元は「LINEポイント」でされていました。
 
キャンペーンでの還元が、「LINE Payボーナス」でされるようになり、次いで「マイカラー」でランクが決まる毎月の還元も、同様「LINE Payボーナス」での還元になりました。
 
還元は、ちゃんとされているのですが、「LINE Payボーナス」への還元になったため気付いていない、というケースがあります。
 
今まではLINEポイントが増えていたのに、増えない。
また、大きな字は「LINE Pay残高」と「LINE Payボーナス」との合算なので、増えていても気付きません。

ケース2:還元率が低くなり1円分に満たない

コード決済促進キャンペーンが終了し、店頭でのプラス3%がなくなりました。
開始当初より、2019年7月31日までとアナウンスされていました。
これにより、店頭でコード払いをしても、最低では0.5%の還元です。
0.5%の還元だと、低額の買い物に対して還元が1円に満たない。
たとえば、199円の買い物をしたとき、0.5%は0.995円です。
1円に満たないため、還元対象とはなりません。
マイカラーがホワイトの人は、199円以下の買い物だと1円の還元もありません。

ケース3:還元が遅いだけ

コード払いの場合は、決済の直後にLINE Payボーナスが還元されます。

LINE Payカードだと、決済の仕組みがクレジットカード上にあるので、還元に時間がかかることがあります。

それで、還元がされない・ポイントがつかない、と思ったのでしょう。

手作業は時間がかかる

最先端の技術企業のように思える「LINE」ですが、案外、手作業の業務があるようです。

以下は、LINE系サービスで手作業がある一例です。

LINE Credit社によるものですが 「LINE Pocket Money」の情報漏洩事故で分かったのが、審査のための個別データを手作業で共有しようとして、OpenChatに上げてしまった例です。

まとめ

LINE Payポイントがつかない理由を3つにまとめてみました。

思い込んでいたり、見落としたり、勘違いしたり。

ポイントが付くと思っていたのに付かないとか、冷静に見直すときの材料になれば、幸いです。

そう言う僕も、間違えたよ

コメント