【体験】VISA LINE Pay(ラインペイ)カード,申込み開始.審査はカンタン

この記事は約3分で読めます。

VISA LINE Payカードの申し込みが始まったね!

3%還元は、2021年4月30日まで。急ごう!!

VISA LINE Pay(ラインペイ)カードの申込みが開始されました(ただし、執筆時点では先行申し込み者のみ)。審査はカンタンで、翌日に通過のメールが来ました。

オリエントコーポレーションが離脱し、一時は発行中止も想定していましたが、ここに来て動き出しました。

先行申込が開始されたので、実際に申し込んでみた体験をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

VISA LINE Payカードの申込みを実行

「VISA LINE Payカードの申込み開始」の知らせを受け、申し込みしようと思いましたが、どこから申し込みしたらよいのか分かりません。

先行案内に申し込んでいた人には、LINEに申し込みのメッセージが届くはずなのですが、見当たりません。

「先行申込可能」の通知は、一括ではなく順次届くようです。

申込用メッセージの探し方

申込用メッセージは、こうやって探せば見つかります。

①LINEで「トーク」をタップします。
②「検索」をタップします。
③検索に「LINE Pay」を入力します。
④「LINE Pay」のトークをタップします。
⑤申込のメッセージが表示されます。

VISA LINE Payカードの申込み体験

VISA LINE Payカードの申込み体験をまとめます。

申込は非常にカンタンです。流れは以下です。

VISAカードの申込流れ

「クレジットカードを申し込む」をタップして、後は指示に従うだけなので、省略します。

以下は、その中で分かった点です。

先行申し込みは、オリンピック限定カードのみ

先行申し込みできるカードのデザインは、オリンピック限定カードのみです。

当初は赤のみと思われた

先行申し込みでは、赤系か青系か、どちらかを選ぶことになります。

他の4色も選べると思っていましたが、そうではありません。

枚数限定なので、やはり「赤系」が早く無くなる気がします。

審査に免許証が要らない

クレジットカードの審査には、通常、免許証などの個人を証明する書面か画像が必要です。

VISA LINE Payカードの審査には、一切、写真を撮ることも、アップロードも必要ありません。

これは、LINE Payで、個人確認が出来ていたからだと思います。

まとめ~申込開始に思うこと

先行してですが、いよいよ申込が始まりました。

頓挫すると思っていましたが、SMBC(三井住友)の協力で開始にこぎつけました。

皮肉にも、東京オリンピックの1年延期が決まった直後のことです。

2020東京オリンピック記念カード、ということですが、実際は2021年の開催であり、もしかすると「中止」もあり得ます。

すると、東京2020は、完全に幻になるかもしれません。

とてもレアなカードになる可能性があります。

間もなく届きそうなので、届いたら、レビューしたいと思います。

もうすぐ、カードが届くぞ!

コメント