LINE OpenChat(オープンチャット)は従来のトークグループを遥かに超えた便利な新機能

この記事は約3分で読めます。

OpenChatって、何なの? 出会い系みたいなの?

今までの「グループトーク」の拡張だよ。かなり使いやすくなっているね。

OpenChat(オープンチャット)が、2019年8月19日に一般公開されました。

OpenChatは、iOS でVer.9.12.0以上、AndroidでVer.9.13.0以上の「LINE」アプリで使用できます。

バージョン確認の仕方

今回は、OpenChatの特徴について、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OpenChatの特長

「友だち」でなくてもグループに参加できる

LINEで「友だち」のつながりがなくでも、OpenChatのグループなら参加できます。

見ず知らずの人同士でも、気楽につながることができます。

従来のトークグループよりも、浅い・軽いつながりを持ちたいときに最適です。

自分のプロフィールをトークルームごとに変更できる

トークルームごとにプロフィールを変更できます。

グループに応じたプロフィールにできます。

プロフィールと言っても、名前と写真くらいですが、実名やニックネームの使い分けや写真を変えられる。

そして、自分のIDを知られる恐れが無い、ということです。

管理人制度

今までのトークグループには、「管理者」がありませんでした。

OpenChatでは、管理者があり共同管理者を指名できます。

設定により、管理者の承認がなければ、参加できないように設定することもできます。

良く使われる設定になると思います。

管理者は、強制退会する権限もあります。

参加方法・招待応法が選べる

招待が無くても参加できるようにしたり、参加コードの入力を必要としたり、参加方法を選べます。

今までは、招待が無いとトークグループには入れませんでした。

招待方法も、QRコードやURLリンクで招待することもできます。

参加前のトーク履歴を確認できる

後から入ったら、それまでの過去のトーク履歴が見れずに、困ることがありました。

「既に議論済み」とか言われたり。

運営する人にとっても、新たな参加者に、再度,これまでの流れや経緯を伝えるのが面倒な場合が多いです。

「ノート」を使ったりしていましたが、別に保管することなく、参加前のトーク履歴を見ることが出来るのは、参加者も運営側もありがたい機能です。

ただし、履歴の全てが閲覧できるわけでなく、テキストは約180日、画像は約30日で閲覧できなくなります。

普段使うには十分だと思います。

トークルームには最大5000人まで

今までは500人までだったのか、5000人まで参加することが出来ます

大規模なグループまで対応可能ですね。

5000人規模だと相当に大きいので、まずそれ以上は不要でしょう。

まとめ

匿名性が高く、問題も起こりそうですが、今までのグループトークを拡張し、便利なサービスができあがりました。

利用者はマナーを守って、気持ちよく使いたいものです。

良いことばかりなのかな・・・

コメント