LINE Pay(ラインペイ)チャージ クレジットカードでポイント2重取り?

この記事は約5分で読めます。

LINE Pay(ラインペイ)のチャージ、クレジットカードでできないのかな?

残念だけど、LINE Payは、クレジットカードではチャージできないよ

なんで・・・

LINE Payへのチャージは、クレジットカードでできるのか、LINE Payに「クレジットカード登録」のアイコンがあるのはなぜか、記事にしました。

この記事を読んでわかること

  • LINE Payへ、クレジットカードでチャージできるのか?
  • LINE Payに「クレジットカード登録」のアイコンがあるのはなぜか?
スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Payへのチャージ、クレジットカードで、できる? できない?

結論、現在はクレジットカードでのLINE Payのチャージは不可です。

今ではできない、クレジットカードでのチャージですが、昔はできました・・・

昔は、LINE Payにクレジットカードでチャージができた

LINE Payにクレジットカードでチャージ出来たら、クレジットカードのポイントもつくし、ポイント還元率の高いLINE Payが、もっとおトクになる・・・

誰しも考えることですね。

2018年の半ばまでは、クレジットカードでポイントを買って、LINE Payにチャージすることができました。

LINE Payにチャージできる、「LINEプリペイドカード」がコンビニで売られていました。

 

ラインストア公式サイト」より

 

「LINEプリペイドカード」をクレジットカードで買うと、クレジットカード会社より利用ポイントが付きます。

LINE Payで支払うことで、LINEポイントもつくので、ポイントの2重取りができました。

結論、現在ではLINE Payに、クレジットカードでチャージすることはできません。

過去はできたので、未来できるようになる可能性もないはないのですが、わざわざ出来なくしたので、現実には少ないでしょう。

PayPayや楽天ペイはクレジットカードでのチャージができるので、大きな違いです。

「クレジットカードでのチャージ不可」の理由

以下は筆者の考察です。

考察1)不正使用時のリスク低減のため

ここからは仮説なのですが、不正使用時のリスク低減のためではないか、と推察します。

クレジットカードでのチャージができると、所持している現金よりも多くの金額の決済ができてしまいます。

不正に利用された場合の被害額も、大きくなります。

もともと、クレジットカードがあるのなら、クレジットカードで決済すればいい。

少額決済のためのスマホ決済に「LINE Pay」は方向を定めたのだと推察します。

考察2)未成年者も含む利用者のすそ野を広げ、本人確認の簡易化のため

コミュニケーション・アプリとして、LINEは短期間で、多くの人に浸透しました。

PTAや父兄の連絡がLINEで通知されるので、子供ができると「スマホでLINE」が必須になります。

クラスや部活の連絡もLINEで来るので、中高生からLINEが必需アプリとなっています。

多くの人に浸透したアプリに、決済の機能をもたせたのが「LINE Pay」です。

未成年の若者でも本人確認できて、個人間送金に利用してもらう狙いで、銀行口座の紐付けで本人確認を1本化したのではないでしょうか?

クレジットカードは、基本的に定収入が無いと持てません。

クレジットカードでのチャージができるということは、LINE Payとのひも付きが可能、ということです。

クレジットカードの紐付けをしたのに、さらに、銀行口座による本人確認が必要、となっては苦情が出ると想定したのかもしれません。

考察3)コストを落とすため

クレジットカード会社が、利用者へのポイント還元の資金となっているのが、購入時に販売店が納める手数料です。

ポイントの2重取りができることを知った利用者は、「LINEプリペイドカード」を大量に購入するようになります。

「LINEプリペイドカード」が、クレジットカードで大量購入されると、お店からカード会社へ多額の手数が支払われることになります。

コンビニの実態を知ったLINE社は、コンビニ店が納める手数料を減らすため、クレジットカードでのチャージを不可にした、と考察します。

考察4)カードの現金化を防ぐため

これが正解かもしれません。

LINE Payにチャージされた「LINE Money」は、現金化できます。

現金化の手数料は、216円かかりますが。

クレジットカードでチャージができてしまうと、手数料を払って、即現金にできてしまいます。

クレジットカードの現金化は、違法ではないのですが、犯罪の温床にもなり非常にグレーなので、全くできないようにしたと考えられます。

 

いずれの考察が合っているか、いないか、分かりませんが、事実は「現在、LINE Payのチャージは、クレジットカードではできない」ということです。

LIN Payに、「クレジットカード登録」があるのは、なぜ?

では、なぜ「クレジットカード登録」のアイコンがあるのでしょうか?

 

LINE Payの「クレジットカード登録」は、LINEモバイルの料金支払いなど、LINE系のサービス料金を支払うためにクレジットカードを登録できるものです。

チャージやコード決済などには使用できない、ということです。

LINE系のサービスを使っている人には、馴染みがあるかもしれませんし、使ってみてもいいかもしれません。

2019年中にクレジットカードでチャージができるようになる!

この記事の執筆後に、こんなニュースが入ってきました。

https://www.businessinsider.jp/post-184210

「LINE Pay Visaクレジットカード」(仮称)が、2019年中に発行されるということです。

初年度、3%の還元をするのに加え、LINE Payにチャージできる唯一のクレジットカードになりそうです。

まとめ

今回は、考察も交えて、LINE Payにクレジットカードでチャージできないことを書いてみました。

とても多くの人に、コミュニケーションツールとして使われているLINEです。

スマホでの決済に活用できるように、Line Payを育てようとしているのではないでしょうか?

コメント