LINE(ライン)のトークからメッセージを取り消す方法。削除ではダメ!

この記事は約3分で読めます。
LINEに間違ってメッセージ、送っちゃたぁ!
大丈夫、24時間以内なら取り消せるよ

すっかり、コミュニケーションツールとして定着したLINEですが、簡単にメッセージを送れるので、つい間違ってしまうことがあります。

そんなときの取り消し方です。

ただし、

送信取消できるのは、送信後24時間以内

です。

トーク内のメッセージの「送信取消」の方法と「削除」との違いをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メッセージの取消と削除

メッセージを取り消す手順

トークの画面を開き、消したいメッセージの上で、長押し

送ってしまった相手との「トーク」を開きます。

取り消したいメッセージの上で長押しすると、メニューが表示されます。

メニューから「送信取消」をタップ

表示されたメニューから「送信取消」をタップします。

こんな感じです(↓)。

最終確認の画面での操作

最終確認の画面で「送信取消」をタップします。

以上で「送信取消」は完了です。

自分からも相手からも、メッセージが消えます。

メニューにある「削除」とはどう違う?

間違ってメッセージを送ったときに、誤って操作してしまいがちなのが「削除」です。

これが、くせ者です。

「送信取消」と同じメニューに出てきます。

拡大すると、こんな感じです。

「削除」をタップすると、どうなる?

このメニューで「削除」をタップすると、どうなるのでしょうか?

「削除」をタップすると、自分のスマホのトーク画面から消えます。これは、「送信取消」と同じです。

ここで、「消えた」と安心するのは間違いです。相手のトーク画面には残っています。

「送信取消」と「削除」は、下のように違います。

  • 「送信取消」・・・自分のスマホからも、相手のスマホからも消える
  • 「削除」・・・自分のスマホからは消えるが、相手のスマホからは消えない

間違って送ってしまったから、消したいと思って「削除」しても、相手のトークからは消えていない、といったことが起きてしまいます。

「削除」の用途は?

「送信取消」より前に「削除」の機能はありました。

「削除」は、何のためにあるのでしょうか?

推測ですが、自分のスマホが誰かに見られた時のため、証拠を消したい、といったことでしょうか?

必要ないなら「削除」を「削除」したら良いと思いますね。

「削除」して「送信取消」できない場合は、パソコンアプリを使う

間違って「削除」の操作をしてしまったことに気づき、「送信取消」したいと思っても、既に自分のトークからは消えているので、メニューを表示する操作ができません。

その時には、パソコン版のLINEアプリを使えば、トークに残ったメッセージを操作することができます。

パソコン用LINEを入手する

Windows PC・MAC用のLINEを以下からダウンロードし、インストールします。

公式サイト】より

パソコン用LINEで、送信取消する

インストールが完了したら、パソコンでLINEを起動します。起動時にはQRコードを読ませて認証させます。

起動したLINEには、スマホと同じようにトークルームが表示できます。

取り消したいメッセージの上で右クリックすれば、メニューが表示されます。そこから「送信取消」をクリックすれば、送信取消ができます。

注意点

注意点は、相手のLINEのバージョンが古いと、メッセージが取り消せない場合がある、ということです。

「取消できるのは、24時間以内」というのは、スマートホンと同じです。

送信後、24時間以上経ったメッセージの上では、「送信取消」が表示されません

まとめ

以上がLINEのトークで、メッセージを取り消す手順と「削除」との違いです。

誰にも、間違いはあります。「送信取消」の操作を覚えておきましょう。

また、パソコン版のLINEは、「送信取消」に限らず、機種変更などで移行した時に、過去のトーク履歴を見るのにも使えます。インストールしておくと、役に立ちます。

誰にでも、消したい過去は、ある!

コメント