LINEモバイルの支払いに使えるカードは?【クレカ】を探せ!

この記事は約5分で読めます。

LINEモバイルに申し込みたいのに、LINEのカードが使えない・・・

ちゃんと「クレジットカード」の情報を入力しているかな?

LINEモバイルは、若者中心に人気です。

LINEモバイル マンガで解説!ラインモバイルの始め方

基本料金が500円とか、本田翼のCMとか、LINEプランならデータ量が消費されないとか、お得感が満載です。

申し込むときには「支払い方法」を設定する必要があり、「カード情報」が必要です。

申し込みたいのに「JCBブランドのLINEのカードが使えない」と言った質問が寄せられていますので、本記事でお答えします。

LINEモバイルの支払いに使えるカードは?

LINEモバイルの申込には支払い設定で「カード情報」が必要です。

支払いはLINEポイントも使えますが、必ず「カード情報」を設定しておく必要があります。

お支払いには、Visa、Mastercard、JCB、American Express®、Diners Clubが利用できます。
契約者と同一名義のクレジットカードまたはLINE Payカードのみ使用可能です。
※デビットカードはご利用できません。

公式サイト】より引用

支払い設定には「カード情報」が必要

LINEモバイルの支払い設定には、「カード情報」が必要です。

同じプラスチックのカードでも、「プリペイドカード」と「クレジットカード」のあることを知っておきましょう。

「プリペイドカード」は先払い

「プリペイドカード(prepaied card)」は先払いです。

「プリ(pre)」は、「先に」という意味です。

「ペイド(paied)」は、「pay」の過去形で「払った」という意味です。

「先に払っておく」「残高にチャージしておく」ということです。

LINEのプリペイドカードは、昔からあった、LINE Payカードです。詳しくは後述します。

「クレジットカード」は後払い

「クレジットカード」は後払いです。

「クレジット(credit)」は「実績による信用」という意味です。

「信用を元に商品を購入して、後でお金を払う」ということです。

「LINEのクレジットカード」は、「LINE Pay VISA クレジットカード」です。こちらも後述します。

使えるのは「LINEクレカ」などのクレジットカード

LINEモバイルの支払い設定に使える「クレジットカード」は、以下のブランドです。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express®
  • Diners Club

別に、どこのカードでも構いません。楽天カートでも、Yahoo!カードでも大丈夫です。

ただし、いくつかの細かい条件があります

利用できないクレジットカード

LINEモバイルの支払いに利用できないクレジットカードには、以下のようなものがあります。

  • LINEモバイルの契約者、本人名義でないクレジットカード
  • 人による判定が必要なクレジットカード
  • デビットカード(銀行口座から直接引き落とされるカード)
  • 海外発行カードの一部

中でも問題になりそうなのが、「支払いに親の名義のクレジットカードを使いたい」という場合です。

これは原則的に、できません。

「親名義のクレジットカードで、LINEモバイルの支払い設定をしたい」という場合は、「親の名義でLINEモバイルを申し込み子供がそれを使う」というのが良さそうです。

一人で複数台のスマホを持つ場合には、2台めからは契約事務手数料が不要になるキャンペーンもありますので、そちらを利用すると良いでしょう。

詳しくはLINEモバイル公式サイトへ

「LINE Pay VISA クレジットカード」とは?

一番のオススメは「LINEのクレジットカード」略して「LINEクレカ」です。

2021年4月30日までは、ダントツの3%還元があるからです。

「LINE Pay VISA クレジットカード」は、2020年に登場したカードです。

LINEクレカの特徴は「VISAブランド」であり、ICチップが前面にあることです。カード番号は裏面に記載されています。

使える唯一のプリペイドカードは「LINE Payカード」

LINEモバイルの支払い設定に使える、唯一のプリペイドカードは「LINE Payカード」です。

プリペイドなので、チャージしておく必要があります。

ただし、銀行連携してオートチャージしておけば、自動で銀行口座から引き落とされます。

LINE payカードは未成年でも発行できるので、学生さんの有力な選択肢になりますね。

「LINE Payカード」とは?

「LINE Payカード」は、かつては一律2%のポイント還元があったカードです。

LINEプリペイドの特徴は「JCBブランド」であり、ロゴマークの下に「PREPAID」の記載があります。

カード番号は前面に記載されています。

番外「LINEプリペイドカード」

番外として、コンビニなどで売られているLINEの絵柄のカードは、LINEのスタンプ購入などLINEのサービス内でのみ使用できるものです。

 

「LINEプリペイドカード」は、昔はLINEポイントを購入できたようです。

今では「LINEクレジット」と言われ、「LINEスタンプ」や「LINE MUSIC」などのエンタメ系のサービスでのみ利用できます。

執筆時点では、LINEモバイルの支払いに利用する事はできません。

まとめ

LINEモバイルのために、LINEクレカ申し込むのも良いですね。

LINEのサービスは、新規の人にも継続者にもお得です。

ついでにLINE証券は、LINEポイントを残高に変換できるのでオススメです。

お得な情報だぞ!

 

コメント