LINE証券 手数料無料!意外に良いよ.裏ワザあり!【期間限定】

この記事は約2分で読めます。

LINE証券が始まった!スマホで投資が出来る!!

野村証券が参入だよ。

野村証券というと日本3大証券会社の中でもトップです。

その野村證券が、LINEと組んで始めたのが「LINE証券」です。

今回は、LINE証券の手数料について、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE証券の手数料

LINE証券 手数料が無料に。

公式サイト】より

2019年10月1日(火)から10月31日(木)まで、LINE証券の取引手数料がゼロになりました。

手数料がゼロになると、それまでかかっていたコストがカットされるので嬉しいですね。

売買の手数料が高いと、頻繁に売買はできません。

1回当たりの手数料を合計すると、結構な金額になるからです。

LINE証券 手数料はなくてもスプレッドがある

ただし、商売なので、損はしません。

取引手数料は「ゼロ」でも、売値と買値に差がある「スプレッド」はあります。

「売値と買値に差がある」ということは、買って、すぐ売ると損をするのです。

すぐ売ると損なので、しばらく時間をおいて売ることになります。

ただ、時間を空けるとさらに値下がりするリスクがあり、上がることはあっても、差し引きして結局、胴元が一番儲かるのです。

かかるコストは何で回収するか?

ただし、胴元はその場を提供したり、人を集めるコストを掛けているので、儲かることになっています。

スプレッドを広げれば、価格差が大きくなるので、胴元は勝ち安くなります。

しかし、投資家からすると投資したくありません、

今回、LINE証券が「スプレッドはそのまま、手数料を無料」にしたのは、多くの人を集めるための広告費のようなものです。

キャンペーンには早く参加しよう

キャンペーンには早く参加すると、広告費として使われたお金が、利用者に返って来ることになります。

最初の方は、少しでも人が集まらないと話にならないので、お金をばら撒いて話題にして集めます。

最初の内は、参加さえすればお得になるようになっています。

ですので、キャンペーンには早めに参加すると、多くの利益が得られるのです。

まとめ

スマートフォンだけで株が買える「LINE証券」。

本人確認もスマホだけで完結できます。

実は、結構楽しい裏ワザも発見しました。

聞きたい方は、コメント・ツイッターなどでお知らせください。

いよいよ楽しくなって来たね。

 

コメント