LINE Pay(ラインペイ)家電量販店で使えるお店増殖中エディオンも

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

中部・四国地方で店舗の多い「エディオン」も、LINE Payに対応したね!

使えるお店はどんどん増えるね。
キャッシュレスはトレンドだね

LINE Pay(ラインペイ)は、家電量販店でも使えるお店は増えています。

お近くのドラッグストアなどでも、どんどん増えるでしょう。

私の住む、中部地方からのレポートです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家電量販店3位「エディオン」、LINE Payに対応

2019年2月末の「PAYトクキャンペーン」の前日、遂に、エディオンでも使うことができるようになりました。

中部地方で親しまれてきた「エディオン」

EDION(エディオン)というと、名古屋を中心とする中部地方では、古くは「栄電社」で親しまれてきました。

実は、私の両親は、町の電気店を営んでいました。

当時の私の市にも「エイデン」が出店し、「安さでは勝ち目がない」と嘆き、ついには店をたたみました。

その後、地域の「電気屋さん」は、「エディオン」の看板を上げて存続しているところも多いですね。

それだけ、地方には影響力が強いお店でした。

家電量販店「第3位」

「エイデン」と名前を買えたりしましたが、「デオデオ」などど経営統合し、家電業界3位の「エディオン」となっているんですね。

その「エディオン」。

PayPayには対応していましたが、2019年2月末「LINE Pay」での決済に対応しました。

2月22日から28日までの「Payトクキャンペーン」の直前の発表でした。

EDIONは「Payトクキャンペーン」の対象か?

「Payトクキャンペーン」の公式サイトには、対象店舗のロゴはありませんでしたが、店内に入ったところ・・・

 

しっかりと、アピールしてありますね。

「Payトクキャンペーン」の対象店舗、ということですね。

公式サイトで「対象店舗」でロゴが表記されているお店と、そうでないお店では、「LINE Pay」の納めている料金が違ったりするのか、単に「間に合わなかった」だけなのか・・・

ロゴは無くても、エディオンは、Payトクの対象店

ヤマダ電機・ビッグカメラ、各グループに次ぐ家電業界3位の「EDION」です。

PayPayには対応していたので、地域住民としは、「親しみのある店舗が、やっと対応した」という感じです(個人には)。

公式サイトにはありませんが、2019年2月のPayトクキャンペーンは、「全店舗が対象」ということです。

PayPay「100億円」は、20+0.5 %
LINE Pay「Paytトク」は、20⁺3.5%以上

これだと、LINE Pay使った方が、還元率高いですね・・・

まとめ

これから、調べてみようとは思いますが、使えるお店が増えることは嬉しいです。

銀行へ行って、現金を引き出す必要がなくなる。

これだけで、時間や燃料費の節約になります。

スマートフォンさえあれば、何でも買える。

それだと、身軽で便利ですね。

「業界3位」のエディオンもついにLINE Payに対応したね。

コメント