J.Score(ジェイスコア)審査の仮と本。時間がかかる理由。口コミ【体験】

この記事は約3分で読めます。

J.Scoreの審査、やってみようかな・・・

日本初のAIスコア!

スコア・レンダリングの日本代表は「LINEポケットマネー」ですが、実は日本最初は「J.Score」です。

どちらも「みずほ銀行」がバックにある共通点があります。

J.Scoreは「ヤフー・ソフトバンク」が関係している点が違います。「AIスコア」を強調しますね。

今回は、J.Scoreの審査について、体験をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

J.Scoreの審査

2019年12月のことですが、J.Score(ジェイスコア)の審査を申し込みました。

もちろん、ダメもとです。

なんかテキトーにやったので、スクリーンショットがありません・・・

以下は、思い出しながら書いています。

J.Scoreの仮審査

まず、仮審査です。

仮審査申込・結果~12月16日

スマートホンから申し込みました。さらにパソコンだと回答しやすいものもありました。

色んな質問に答えた気がします。結構、面白く、適当でした。

その結果、メールが届きました。1秒もかかっていません。

 

【仮審査結果】
仮審査のスコア 717点
仮審査の貸付利率 11.9%
仮審査の契約可能極度額(※1) 130万円
(※1)収入証明書をご提出頂いた場合の金額になります。
   収入証明書をご提出頂けない場合は50万円になります。

利率は高めですが、限度額はまあまあです。

借りなければ問題ないので、本審査に進みました。

J.Scoreの本審査

本審査やってみました。テキトーにやったので、記憶はあいまいです。

追加で、勤務先などを入力しました。

在籍確認あり~12月18日

勤務先にて、たまたま席を外していたようです。

電話で話できなかったので、電話してください、とのメール。

1分かからない短い電話で在籍確認は終了。

書類提出督促~12月17日-23日)

個人証明書類の写真を送るのを忘れていたら、計4通のメールで催促が来ました。

個人証明書類の写真を撮って送りました。

当時は、自動車運転免許証だけで良かったですが、最近、もう一つ別の書類写真が必要になりました。

詳しくは、本審査の時に確認してください(^ ^)

本審査結果~12月24日

本審査の結果がメールできました。140万円までの融資が可能です。

このたびは、スコアレンディングにお申込みくださり、誠にありがとうございます。
審査の結果、最大140万円までの契約が可能です。

まず、140万円までの契約が可能になりました。まだ、利率は分かりません。

契約完了~12月24日

■お借入れのお申込みについて
お借入れのお申込みの受付が完了した場合であっても、当社判断によりお借入金の振込を行わないことがございます。振込の実施状況については、当社から個別にメール等でのご案内はいたしませんので、会員ページの「お取引の状況」にてご確認ください。

小さな文字ですが、気になることが書いてあります。

「当社判断によりお借入金の振込を行わないことがございます。」

しかも、
「振込の実施状況については、当社から個別にメール等でのご案内はいたしません」

自分で会員ページを見に行かないと、振込されているか、分からないのですね!

借り入れられると期待していたのに、借りられなかったら、ショックですね。

現在の状況~3月12日

執筆時点の状況です。仮審査の利率と、ほぼ同じですね。

まとめ

12月16日、仮審査申込。
12月24日、本審査通過。

書類送付を忘れてたりしましたが、約1週間強で本審査まで通過しました。

「最短即日融資」と宣伝されていますが、なかなか、その日のうちに借りることができるようには、ならないかもしれません。

ただ、こんなテキトーな私でも審査が通過しました。皆さんの元気になれば、幸いです。

笑ってください!!

コメント