家計簿アプリ NHKジューダイで紹介された「2秒かんたん家計簿おカネレコ」

この記事は約2分で読めます。

家計簿アプリ、どれがいいのかな。

迷ったら評価の高いものを使ってみよう。

家計簿アプリがNHKの「ジューダイ」で紹介されました。そのアプリは「2秒かんたん家計簿おカネレコ」です。まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

家計簿アプリがNHK「ジューダイ」で紹介された

NHKのテレビ番組「ジューダイ」で、スマホ向けの家計簿アプリが紹介されました。

テレビの画像から、アプリ名は「2秒かんたん家計簿おカネレコ」であることが分かります。

紹介されたアプリ「2秒かんたん家計簿おカネレコ」

「2秒で支出が記録できる」という家計簿アプリは、「2秒かんたん家計簿おカネレコ」で間違いないでしょう。

費目ボタンを押して金額を入力するだけ、簡単な操作で支出が記録できます。

早速使ってみました。

グラフ化が簡単

グラフ化が簡単にできます。以下は、私の例です。

LINE Payユーザーなら「LINE家計簿」

今どきの若者は、スマホ決済を使いこなしている筈。

スマホ決済「LINE Pay」と連動すれば、入力すら要らないのが「LINE家計簿」です。

LINEアプリ内から使えるLINE Payで決済すれば、自動に収入・支出が記録されます。

レシート読み込みも

レシート読み込みでの支出記録もできます。

 

パソコン版もあるので、広い画面での管理はしやすいです。

家計簿アプリの選び方

先の2例以外にも、家計簿アプリは沢山あります。

どれを選んだらよいか、分からなくなってしまいます。

ポイントをまとめてみました。

まずは評価の高いものを試す

大体が無料なので、評価の高いものを試すと良いですね。

1週間から1カ月くらい使って見て、しっくりくるようなら使い続け、ダメなら他のにあたります。

人に拠るでしょうが、評価ばかり気にして選ぶのに迷い時間を使うのは、時間の無駄です。

評価はあくまでも他人の評価であり、自分にとってはとても使いやすいかもしれません。

課金の有無

中には、お試し版だと試用期間が決まっているものもあります。

「絶対に課金はイヤ」な場合には、課金のあるものは避けましょう。

ただ、課金が無いものは広告が外せない、といったアプリもあります。

まとめ

番組では、手書きで家計簿をつけている人も紹介されます。

どちらも一長一短ありますので、自分に合ったものを、自分の尺度で選べばよいです。

お金を管理しよう!

コメント