LINEPocketMoney(ポケットマネー)総量規制 消費者金融のため

この記事は約2分で読めます。

限度額まで借りていないのに、借りられなくなっちゃったぁ

消費者金融やからね

LINEPocketMoney(ポケットマネー)で、契約後に借入できなくなる理由は「総量規制があることです。

「銀行」ではなく「消費者金融」だからです。

公式情報を元に、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pocket Moneyは総量規制対象

総量規制とは

総量規制とは、年収を基準に、3分の1を超える貸付けが禁止されることです。

500万円の年収の人だと、167万円を超える借入があった場合、もう借りることが出来ない、ということです。

総量規制の対象

総量規制の対象は、賃金業者の貸し付けに限定します。

賃金業者というのは、銀行や信販会社以外のいわゆる「消費者金融」や「クレジットカード会社」です。

「消費者金融」「クレジットカード会社」からの借り入れが、総量規制の対象となります。

銀行・信用金庫のローン・信販会社のショッピングクレジットは含まれません。

ですので、銀行から借入る住宅ローンやカーローンは含まれません。

LINE Pocket Moneyは消費者金融

LINE Pocket Moneyは消費者金融にあたります。

銀行でもクレジットカード会社でもないからです。

総量規制に引っかかると

総量規制に引っかかると、契約後に借りられなくなる理由になります。

LINE Pocket Money自体が消費者金融なので、総量規制の対象になります。

他社からの借り入れと合算して、年収の3分の1以上の借入になる場合には、限度額内であっても借り入れはできません。

一方で、銀行からの借り入れは、年収の3分の1以上であっても、総量規制の対象にはなりません。

まとめ

同じ借入であっても、銀行からの借り入れなら年収の3分の1以上を借りることは可能です。

非常に矛盾を感じます。

まあ、借り過ぎには注意しようということだけど、どうしても必要なことはあるよね。

コメント