LINEモバイルの評判。ソフトバンク回線で料金も格安

この記事は約4分で読めます。

携帯電話料金が高い! 乗り換えたい!!

LINEモバイルなら、LINEポイントが有効に使えてよいね。

長年にわたりドコモの携帯を使ってきましたが、やっと乗り換えることにしました。

決め手は、次の5つ。

  1. 通話は、ほぼしない。
  2. 電話番号はそのままにしたい。
  3. 貯まったLINEポイントを活用したい。
  4. 月々の料金は安くしたい。
  5. 端末にこだわりはない。

データ専用の格安スマホは使っていたので、音声通話はNTTドコモから、スマホへ初の乗り換えです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEモバイルに乗り換えることにしたのはなぜか? その理由

ドコモへの不満

以下は、NTTドコモに対しての私なりの考えです。あくまでも個人の意見ですが、当たっていることも多いと思います。

ドコモのサービス、特にd払いが嫌い

とても大人げない理由なのですが、d払いで裏切られたことが大きいです。

結局、dポイントは行方不明になりました。

上の記事で書いていた通り、1年経過したので乗り換えることにしました。

ドコモは人件費が高い

経営の合理化には、人件費を削減するのが王道です。

相変わらず、沢山の店舗を抱え、人海戦術に頼っているようでは経費が節減できません。

高い経費は、そのまま携帯料金に降りかかります。

IT関連企業なら、自動化して経費を減らすようにすべきです。

技術力に疑問

先の記事にもあったように、電話での回答を受けて店舗に行ったのに、d払いが使えるようになりませんでした。

お店に配置している人員の技術力にも疑問を感じてしまいました。

料金が高い

機種変更も検討したのですが、結局、現在より安くなるプランはありませんでした。

家族何人かがドコモを使っているとか、固定回線のインターネットもドコモであるなど、条件が厳しいものでした。

LINEモバイルにするメリット

キャンペーンの活用でオトクに

LINEモバイルは、随時キャンペーンでオトクになっています。

MNPなら、10000ポイントがもらえるキャンペーンもやっていました。

早めに申し込むと、新規でも7777ポイントがもらえることもあります。

期間限定で、料金半額のキャンペーンもやっています。

善は急げ!です。詳しくは、以下のバナーをタップしてみてください。

LINEモバイル
マンガで解説!ラインモバイルの始め方

通話はLINEでできる

音声通話は、ほぼほぼしないようになり、無料通話の特典も要らなくなりました。

LINE通話で事足ります、LINEモバイルならLINEの使用のデータ量は使用データ量に加算されないプランがあります。

LINEモバイルの料金プラン一覧はこちら

LINE通話メインで使うことで、音声通話は待ち受け専用にしました。

MNPで電話番号、そのまま

携帯の電話番号は昔から同じだったので、改めて変えるのが面倒でした。

4年経過したのを機会に、MNP(マルチ・ナンバー・ポータビリティ)で電話番号そのままに回線だけ乗り換えることにしました。

ソフトバンク回線で料金も格安

ほとんどの格安スマホは、ドコモ回線を間借りしたものです。

沢山の人が使うので、データ通信は遅くなりがちです。

ソフトバンクの回線を使える格安スマホというと

  1. ワイモバイル
  2. マイネオ
  3. LINEモバイル

が主なところです。まだまだ少ないので、データ通信も早く使えます。

データ通信はMugen Wifi

自分で言うのもなんですが、ヘビーユーザーなので、データ通信量無制限のMugen WIFIを別途使用しています。

あるいは、「Wifiは自宅で使う」と決めている人なら、20G(ギガ)などのデータ量を契約する必要はありません。

LINEポイントを活用できる

Amazonでお買い物したとき、常時0.5%のポイントがもらえるのが、LINEショッピングです。

金曜日には大体、「ポチポチフライデー」のキャンペーンがやっています。

Amazonで買い物をすることが多い私は、LINEポイントが良く貯まります。

LINEポイントで支払いできるLINEモバイルは、貯まったポイントの活用先として最適と判断しました。

まとめ~私にとって最適

以上、私にとって最適なのがLINEモバイルだったというワケです。

全ての人に当てはまるわけではありませんが、LINEモバイルは格安スマホの有力な選択肢です。

ますます、LINE経済圏!!

コメント