LINE Payのポイントつかない理由は支払方法?LINE Point Club(ポイントクラブ)開始で変更

この記事は約5分で読めます。

LINE Payのポイントがついてない。なんで?

2020年5月1日から、ランキング制度が変わったんだよ・・・

2020年5月1日から、LINE Point Club(ポイントクラブ)が始まりました。

それまでは「マイカラー」でした。

これに伴い、LINE Payでの決済が、最低0.5%だった還元率が、0%になってしまいました。

LINE Payの支払い方法による還元率の違いについて、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Payの支払い方法によるポイント還元率

2020年5月1日からのLINE Point Club開始により、LINE Payでも「残高」か「チャージ&ペイ」か、「ポイント」かによって、還元率が変わります。

結論から言うと、支払い方法が「チャージ&ペイ」でないと、ポイント還元はありません。

特典のまとめ

公式サイト】より

LINEポイントを使うと、還元なし

LINEポイントを使うと、還元はありません。0%ですので付与はありません。

これは今までと同じです。

LINE Payの決済画面では、下図のように保有ポイントの右のあたりの丸が、緑色に選択されていたらそれは「LINEポイントを使う」ということです。

ポイント支払いの例

もう一種のアプリ画面でも、下図のように同様です。

ポイント支払いの例

上の例は、LINEポイントで支払う例です。

最大3%の還元なので、およそ30円以上の支払いに使うと損します。

ごく少額のときには使っても良いですが、余り使う場面は多くないでしょう。

これは、今まで通りなので、あまり問題はないでしょう。

問題は、次項の「LINE Pay残高」での支払いです。

「LINE Pay残高」ではポイントがつかない

「LINE Pay残高」での支払いでは、ポイントがつきません。

これまでのメインの支払い方法

2020月4月30日以前の支払いの主流は「「LINE Pay残高」でした。

銀行口座から「LINE Pay残高」にチャージして、そこから支払うのが「LINE Pay」でした。

ところが、今までと同じように「LINE Pay残高」から支払うと、還元率はゼロなのです。

「LINE Point Club」では、「チャージ&ペイ」(※)でないと、ポイント還元はないのです。

いつまで経っても、ポイントは付与がされないのは、「LINE Pay残高」から支払っているからかもれません。

※「チャージ&ペイ」は次項以降で解説します。

「チャージ&ペイ」でないと、ポイントはつかない

「チャージ&ペイ」でないと、ポイント還元はありません。

「チャージ&ペイ」は、2020年5月1日にスタートしました。VISA LINE Payカードの登場に伴い、開始しになったのです。

これからのメインの支払い方法

「チャージ&ペイ」という言葉は聞き慣れないですが、「オートチャージ」とほぼおなじです。

決済時に必要なだけの金額を、自動的にチャージして払う(ペイ)ことです。

残高を事前にチャージしておく必要はない、便利な支払い方法です。

「VISA LINE Pay」カードが登場して、やっとクレジットカードでLINE Payの支払いができるようになりました。

これからのメインの支払い方法であることは、「チャージ&ペイ」出払うだけで、還元率が最低でも1%であることからわかります。

LINE Payの支払い方法の確認の仕方と切り替え方

「現在のLINE Payの支払い方法が何になっているか」の確認の仕方と、支払い方法を切り替えるほう法です

支払い方法の確認

まず、支払い方法の確認の仕方です。

「チャージ&ペイ」になっている

「チャージ&ペイ」になっている場合は、こんな画面です。

チャージ&ペイ

支払いの画面で支払い方法が「チャージ&ペイ」になっています。

チャージ&ペイ

こちらも同様です。

決済画面で最終確認できます。違っていた場合でも、切り替えはかんたんです。

「LINE Pay残高」になっている

「LINE Pay残高」になっている画面です。

LINE Pay残高

「チャージ&ペイ」の文字がありません。

LINE Pay残高

支払い方法の切り替え方

LINE Payの支払い方法は、次のように切り替えることができます。

「LINE Pay残高」からの支払いにするときには、下図のようにします。

支払い方法 残高

「チャージ&ペイ」の支払いにするには、下図のようにします。

「チャージ&ペイ」支払い

過去の支払い方法を確認する

支払い方法によって、「待てど暮らせど、いつまで経ってもポイントが付与されない」ということがあります。

その一つとして、支払い方法が「チャージ&ペイ」になっていない、という場合があります。

「チャージ&ペイ」は、「VISA LINE Payカード」がないとできませんので、ポイント還元を得るには、「VISA LINE Payカード」が必要なのです。

まずは、支払い方法がなんであったか、確認しましょう。

利用レポートで一目瞭然

過去の支払い方法の確認は、新しい機能「利用レポート」を見るとかんたんにわかります。

利用レポートは、以下のように閲覧します。

LINEのウォレットで「利用レポート」をクリックします。

利用レポート起動

支払明細を確認します。下の図は、「チャージ&ペイ」で支払った例です。

利用レポート閲覧

支払い方法が「チャージ&ペイ」で、還元計算し1円以上になるときは、ポイントの扶養対象です。

支払い方法が「LINE Pay残高」だと、ポイントは付与されません。

まとめ~支払い方法で変わる還元率

支払い方法が、これまでメインだった「LINE Pay残高」だと、還元はゼロでになってしまうので注意が必要です。

まずは、支払い方法によって、いつになってもポイント還元がされない場合があることをまとめました。

ポイント還元がいつされるか。

「マイカラー」のときは、直後や数日後が多かったですが、「LINE Point Club」になってからは変わったのでしょうか?別記事にまとめます。

いままでの「LINE Pay残高」からの支払いだと、ゼロなんだね。

 

コメント