FamiPay(ファミペイ)は税金・公共料金の支払いに使える!だから損なく使える

この記事は約3分で読めます。

FamiPay(ファミペイ)はチャージするだけで、最大15%還元がされるよ!

FamiPay(ファミペイ)は税金の支払いに使えるから、損することはない!!

どんなに高い還元があったとしても、必要ないものに使ったら、それは「無駄遣い」です。

しかし、必要なものに、安く支払えるのなら、これを使わない手はないですね。

7Payが大コケしました。

そのおかげで、FamiPayで超お得なファミマTカードの申し込みが間に合うかもしれません。

ファミマTカードの絶対に損しない使い方を、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ファミマTカードの絶対に損しない使い方

2019年7月1日に始まったFamiPay。

同じ日に始まった7payは、不正利用の犯罪被害にあいましたが、FamiPayは順調です。

多くの人は、違いに気づいておらず、スマホ決済全てが危ないように思われています。

ですが、こういう時がチャンスです。

申し込みから2週間程度で到着するようです。

申し込みが殺到すると、こうは行きません。1カ月後しか到着しないと、キャンペーンは終わってしまいます。

ファミマTカードを今すぐ申し込む理由

ファミマTカード限定で、FamiPayにチャージしたら、チャージ金額の15%が翌月に戻ってきます。

上限は、2万円の15%なので、3000円分お得になります。

2万円を財布に入れておいても、翌月2万3千円になることはありません。

ですが、FamiPay(ファミペイ)なら、それができてしまうのです。

やらなきゃ、損でしょ

人気が出過ぎると、カード発行が間に合わない、という問題

これだけお得なのだから、皆が飛びつくかと思っていたら、同じ7月1日に始まった7payが、大問題を起こしました。

それで、無知な人は、「スマホ決済、すべてが危ない!!」と敬遠するでしょう。

皆が殺到すると、7月中に間に合わないかもしれませんでしたが、敬遠する人が出れば、間に合うかもしれません。

早速、ネットから申し込みました。

カード発行まで、通常2週間!!

なぜ、「損しない」のか?

FamiPayは、税金・公共料金の支払いに使えます。

必ず払う必要のあるものなので、これに支払えれば無駄遣いではありません。

納付書がFamiPayで払えるかの確認法

FamiPayでの支払いには、納付書に2つの条件が必要です。

1.バーコードが印刷してあること

上の画像のようにバーコードがあることが必要です。

2.利用できるコンビニエンスストアに「ファミリーマート」の記述があること

納付書の裏面です。

「ファミリーマート」の記載があります。

このような納付書であれば、FamiPayで支払うことができます。

まとめ

「税金の支払いは、nanacoで払うとポイントが付くからオトク」と言われて、nanacoのカードを作ったのですが、それほどお得さを感じず、使ってませんでした。

FamiPayが現れて、セブンイレブンを使う意味がますます無くなってきました。

ここは、セブンイレブンを応援する気持ちを持ちながら、FamiPayでしっかりお得しようと思います。

問題は、「令和元年7月中に、ファミマTカードが届くか?」です。申し込んだのは、2019年7月6日(土)です。2週間後は7月20日。

ファミマTカードのお申し込みはこちらから。

最後に要注意点。ファミマTカードは、リボ払い専用カードです。

カード、届くかな?

コメント