LINE(ライン)バージョン確認の仕方 iPhone Android

この記事は約4分で読めます。

LINEのバージョン確認って、どうしたら良いの?

OK!
OSのバージョン確認と一緒に教えるね。

アプリもそうですが、ソフトウェアは、基本的に最新バージョンへのサポートをします。

古いバージョンをサポートしていては、いくら時間や人手があっても足りません。

この記事では、移行などに必要なOSとLINEアプリのバージョン確認の仕方をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

OSのバージョン

パソコン・スマホなどのハードウェアには、ベースとなるソフトウェア「OS」があります。

有名なのは、パソコン用のOS「Windows」(ウィンドウズ)です。

同じように、スマートホンにもOSがあります。

AppleのOS[iOS]

iPhone/iPadなどのApple製品のOSは「iOS」(あい・おーえす)と言います。

世界にスマートホン旋風を起こしたのが、AppleのiPhoneです。

iPhone搭載されたiOSは、ソースコードが非公開のOSです。中身を見れるのは、Apple社だけ、ということです。

その代わり、OSの中身が分かっているので、基本的にAppleのiPhoneは、iOSでの動作が保証されています。

バージョンの確認方法

確認方法は以下の通りです。(機種などで若干の違いはあります)

  1. 「設定」を表す歯車の アイコンをタップします。
  2. 「一般」をタップします。
  3. 「情報」をタップします。
  4. 「バージョン」の右に OSのバージョンが表示されます。

GoogleのOS[Android]

一方で、「Android」もOSの名前です。

「Android」はソースコードが公開されています。

「使いたい人は、ソースを書き換えて使って良いよ」ということです。

一からスマートホン用のOSを作るよりも、既にあるものを利用できた方が、コストもかかりません。

サムソン・ソニー・ファーウェイ・ノキア、世界のほとんどのメーカーが、Android搭載のスマートホンを作りました。

各社が独自の機能を追加したため、Androidがバージョンアップしたときに、メーカーがバージョンアップできない、という事態になりました。

結果として、Androidでは、かなり古いバージョンも現役として動作することとなっています。

バージョンの確認方法

Android確認方法は、機種やメーカーでかなり違います。以下は、「HUAWEI Nova Lite 2」での例です。

  1. 「設定」などで検索し、歯車のアイコンをタップします。
  2. 「設定」画面を一番下に送り「システム」をタップします。
  3. 「端末情報」をタップします。
  4. 「Androidバージョン」の右に OSのバージョンが表示されます。

LINEのバージョン

バージョンの確認方法

LINEのバージョンの確認の仕方です。

iPhoneとAndroidで若干の画面の違いはありますが、大体同じです。

 

  1. LINEで「友だち」のアイコンをタップします。
  2. 右上の歯車のアイコンをタップします。
  3. 設定画面を下に送り「LINEについて」をタップします。
  4. 現在のバージョンが表示されます。

バージョンが古いと・・・

LINEアプリのバージョンが古いと、アナウンスされてるキャンペーンの利用に支障がある場合があります。

2019年3月末の「もらえるくじ」が届かない理由の一つに、LINEアプリのバージョンが古い例がありました。
「もらえるくじ」をもらうには、8.15より新しいバージョンが必要ですね。

特に、キャンペーンの新しい機能では、アプリも新バージョンが必要な場合も多いです。

まとめ

バージョンの確認は、移行や問い合わせの時に必要になるので、確認方法をまとめました。

OSもLINEアプリも、可能な限りバージョンは最新にしておくことが望ましいです。

機能追加やセキュティの強化が、されていることが多いです。

アップされたバージョンに不具合がある場合もあるので、バージョンアップの発表があった後、少し様子を見て、不具合などの情報が報じられ無いことを確認してからバージョンアップするのも「アリ」ですが。

バージョンアップは早めにしよう!

コメント