LINE Pay(ラインペイ)を引き継ぐ、一番簡単な方法

スポンサーリンク
この記事は約3分で読めます。

スマートホンを変えた! LINE Pay、引き継げるかな?

元のスマホがあれば、大丈夫だよ。

スマートホンを変えた時、LINEを移行すれば、LINE Payも一緒に移行できます

LINEトークの履歴も移したい時には、トークをクラウドでバックアップする必要があります。

今回は、LINEトークの履歴の移行せず、早く簡単にLINEを移行する方法をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pay(ラインペイ)を引き継ぐ、一番簡単な方法

前提。最新の引継ぎ方法です。

2019年2月25日に更新された最新の引継ぎ方法です。

LINE公式ブログ】より

「LINE バージョン9.2.0以上」の方法なので、LINEアプリのバージョンを確認しておいてくださいね。

絶対守るポイント

移行の方法は、本当に簡単です。ただ、これだけは守ってください。

アカウントの「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を他人に絶対教えない

「引き継ぐ」をオンにしたら、これだけ知っていたら、乗っ取りができてしまいますので。

アカウントの「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を確認する

LINEアプリから「友だち」タブの設定を開きます。

「アカウント」を確認します。

「電話番号」が正しいこと、メールアドレスとパスワードが「登録完了」であることを確認します。

「電話番号」が自分のもので、登録した「メールアドレス」と「パスワード」を覚えていれば、次に飛んでください。

忘れていた場合でも、大丈夫です。「メールアドレス」と「パスワード」、それぞれをタップすれば、再設定できます。

アカウント引継ぎ設定を「ON」にする

再び、LINEアプリの「友だち」の設定画面に戻ります。

「アカウント引継ぎ」をタップします。

前の段落の「メールアドレス」「パスワード」を覚えていること、他人に教えていないことを確認して、「アカウントを引き継ぐ」をONにします。

移行先のスマホでの操作

移行先のスマホで、LINEアプリをインストールします。

LINEの初回起動時は「始める」をタップします。

ガイドに従って、「電話番号」「メールアドレス」「パスワード」を入れていきます。

「電話番号」が違うスマホに引き継ぐときには、「アカウントを引き継ぐ」で進みます。

「友だち追加設定」は、どちらもOFFにしましょう。

「LINEが連絡先へのアクセスを求めています」は「許可しない」が良いです。

あとは、確認しながら進めれば大丈夫です。

移行完了

これで、LINEの移行はできました。LINE Pay残高も移っています。

やってみれば、「簡単だな」と思えるでしょう。

トーク履歴にこだわらなければ、簡単に移行できます。

大切なトークがある場合は「KEEP」に保存する、という手があります。「KEEP」なら、上の手順で移行できます。

まとめ

トーク履歴は流れて行ってしまうものです。大体が最新が重要で、過去のものは流れ去ってしまいます。

移行時に思い切って断捨離し、トーク履歴の移行を断念すれば、「クラウド」に頼らなくてもすみます。

どうしても過去を引きずりたい人のために、トーク履歴を引き継ぐ方法は、別記事で書きたいと思います。

LINE Payの移行は、簡単だよ。

コメント