LINE Pay(ラインペイ)の解約の方法。できない・保留になる理由

この記事は約4分で読めます。

LINE Payを解約するには、どうしたら良いかな・・・

縁を切るんだね・・・

消費税の増税対策に、キャッシュレスポイント還元もあります。「LINE Pay」はQRコード決済に限らず、オトクで便利です。解約するのは、おすすめではありません。

「LINE Payの通知がうざい」というような場合は、通知をオフにできます。

今回は、「不審がつのって、どうしても解約したい」といった場合などの方法です。

なお、親が子供のLINE Payを停止したい場合には、直接スマートフォンで操作しなくても解約できる方法があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pay(ラインペイ)の解約の方法。できない・保留になる理由

解約にあたっての注意事項

LINE Payを解約するには、次のような注意事項があります。

  • LINE Payでの、すべての取引履歴が削除されます。
  • LINE Payで保有しているクーポンは、すべて削除されます。
  • LINE Pay残高は失われます。
  • LINE Payボーナスは失われます。
  • LINE Payカード(バーチャルカード・プラスチックカード共)も無効になります。

以上を納得した上で、解約の仕方を実行してください。

解約方法

解約方法・その手順です。

スマホで「LINE Pay」アプリを立ち上げ、「ウォレット」をタップします。

「ウォレット」で「LINE Pay」をタップします。

「LINE Pay」で下にスワイプし「設定」をタップします。

 

「設定」で下にスワイプし「解約」をタップします。

「解約」画面で注意事項をよく読んで、「解約」をタップします。

 

以上を実行しても解約できない場合は、以下の「すぐに解約できない場合」に該当しないか、確認してください。

すぐに解約できない、保留になる場合

以下の場合は、すぐに解約できません。

  • LINEほけんに加入している場合
  • LINEスマート投資に加入している場合
  • 決済・送金が進行中である場合
  • 利用停止状態である場合
  • LINE Pay残高が216円以上ある場合
  • LINE Payカードで、売上確定前の決済がある場合

サービスを停止したり、残高を出金したり、必要な操作をしてから解約が可能になります。

保留になった場合の対処

  • LINEほけんに加入している場合
    ⇒LINEほけんを解約するか、終わるまで待ちましょう。
  • LINEスマート投資に加入している場合
    ⇒LINEスマート投資を解約しましょう。
  • 決済・送金が進行中である場合
    ⇒決済・送金を完了させましょう。
  • 利用停止状態である場合
    ⇒利用停止を解除しましょう。
  • LINE Pay残高が216円以上ある場合
    ⇒出金(引出)か、残高放棄をしましょう。
  • LINE Payカードで、売上確定前の決済がある場合
    ⇒売上データが確定するまで待ちましょう。

原因が分からない場合には、アプリのお問い合わせフォームか、以下から問い合わせましょう。

LINE Pay お問い合わせフォーム:https://contact-cc.line.me/serviceId/10712 

解約できない特殊なケース

そのほか、特殊な場合として

  • LINE Payが未対応のOSにLINEを引き継いだ場合
  • 日本以外の電話番号にLINEを引き継いだ場合

これらの場合には、アプリからのお問い合わせフォームか、以下から問い合わせましょう。

LINE Pay お問い合わせフォーム:https://contact-cc.line.me/serviceId/10712 

まとめ

今回は、LINE Payを解約する方法をまとめてみました。

今後、キャッシュレスは決済の中心になるので、可能なら解約しない方が良いと思います。

「利用停止」であれば、簡単に一時止めることが出来ます。

「どうしても」という場合は、本記事のように解約してもらえば良いです。

本記事が参考になれば、幸いです。

始めがあれば、終わりもある!!

コメント