LINEポケットマネーは怖い?うまく使えば大丈夫【知っておくだけ】

この記事は約5分で読めます。

LINEポケットマネーは怖いのかな?

怖さを知り、必要に応じて正しく使うのが大切だね

「LINEポケットマネーは怖い?」ということを聞いたことがありますか?

なぜ「怖い」と言われるのか、よく知って使うか、使わないかは自分で判断しましょう。

ちなみに私は、LINEポケットマネーの金利実質無料キャンペーンを利用して、借入をゼロにできました。

正しく知って有効に使えば、LINEポケットマネーは決して怖くありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEポケットマネーは「怖い」のか?

LINEポケットマネーは「怖い」のでしょうか?

他のサイト・口コミなども調べて、主に言われていることを、3つにまとめてみました。

LINEポケットマネーが「怖い」と言われる理由
  1. つい借りられてしまうから
  2. 返せなくなるから
  3. 囲い込みするから

以下、詳しくみてみましょう。

「怖い」のは、つい借りられるから

一番言われるのは、スマホで普段使っているLINEのアプリから、簡単な操作でお金を借りられるから怖い、というものです。 

LINEポケットマネーは「借金」である

当然のことながら、まず、知っておくべきことは、LINEポケットマネーであっても「借金である」ということです。

借金は「悪」か?

ただ、「借金」は必ずしも「悪」ではありません。生きるために必要な借金もあります。

また、国の借金は「国債」、会社の借金は「社債」。

いずれも、公的にも認められた資金の調達手段です。

個人としての資金調達手段

個人が資金調達できる手段として、「LINEポケットマネー」があるだけです。

ただ、借金であるから、期日までに利息と合わせて返済しなければなりません。

このことはよく覚えておきましょう。

LINEポケットマネーは借りやすい

「LINEポケットマネーは、日頃使っているLINEのアプリから簡単に借りることができるから怖い」という意見もあります。

借りやすいは「悪」か?

借りやすいのも、必ずしも悪ではありません。

何のために借りるのか?

借りるのは、お金が足りなくなったため借りるのですが、急を要する必要不可欠な用途で借りるならスピードは重要です。

急を要する場合

クレジットカードの引き落とし日に、銀行口座にお金を用意し忘れていたのを思い出したとき。

LINEポケットマネーで借りて銀行口座に振り込み、滞納を防ぐこともできます。

「借りる」という状況にならないのが一番ですが、不測の事態はありえます。

思わぬ出費や財布を忘れてしまったとか、必ず後で返すことを前提にしたなら、借りやすいのは「悪」ではありません。

LINEポケットマネーの審査は甘い?

「LINEポケットマネーの審査は甘い」という話も聞きますが、決してそんなことはありません。

AIスコアを活用した独自審査をしているため、他社で借りられなかった人がLINEポケットマネーで審査が通った、という例があります。

その逆もあります。

LINEポケットマネーは審査が甘く、返済能力がない人にまで貸せるようにしているワケではありません。

返済不能は貸手にもデメリット

よくよく考えればわかりますが、貸し手「LINEポケットマネー」にとって、借り手が返せなることはデメリットです。

入るべきお金が入らないから、貸し手も損失を負うことになります。

ですから返済能力を審査し、返せる相手にしか貸さないようにしています。

 

「つい借りてしまう」というのは借り手の問題です。

「借金」であることを意識し、最低限にしておきましょう。

あえて借りにくくしても、必要な人は少々手間をかけてでも借金をします。

「借りやすい」というのは、LINEポケットマネーの特長ではありますが、それだけで「怖い」といえません。

 「怖い」のは返せなくなるから

 「怖い」のは返せなくなるから、という意見もあります。

LINEポケットマネーは返しやすい

LINEポケットマネーは、スマホだけでいつでも返せるので、とても返しやすいです。

窓口に行く必要も、ATMに並ぶ必要もありません。

いつでも返せるのに「返せない」というのは本人の問題です。

審査は返す能力をみる

先に書いたように、審査は、返す能力があるかどうかをみるものです。

「審査を通過しても返せない」というのは審査が甘いのか?

運営側も「返してもらえる」と判断するから審査を通過します。

繰り返しますが、「返せない」というのは借りた本人の問題です。

「怖い」のは囲い込みするから

LINEポケットマネーは、LINEの囲い込みに合うから「怖い」という意見があります。

これについては、会社として当然のことです。

一度利用した顧客は、リピーターとして繰り返し利用してもらうように働きかけます。

ポイントを付与したり、キャンペーンを案内したり、楽天でもAmazonでもやっています。

それをことさら、「LINEポケットマネーだけが怖い」というのか釈然としません。

囲い込みが怖い、というなら全ての会社や店舗を恐れなければならないことになります。

まとめ

ことさら「怖い」と言わず、使う・使わないは自分で決めましょう。

どうして「怖い」と言われるのか、それを自分でよく理解し自分で判断しましょう。

「誰かが言っていたから、書いていたから」

それでは、情報や噂に振り回されることになります。

LINEポケットマネーは、金利無料期間が最初にあります。

また、不定期にキャンペーンで金利を無料にすることもあります。

賢く選んで利用するのが大切です。

基本的に借金は急場しのぎのものです。

使わずに済むのが一番良いですので、収入の中で生活し、豊かに生きられるように自分で稼ぐ力をつけましょう。

コメント