LINE(ライン)ポケットマネー!スコアを利用した審査.来店不要を実現

この記事は約3分で読めます。

LINEが信用スコアを基にローンサービスを行っているよ。

LINEスコアだね

「可視化」により、人の信用を数値化したのが「LINEスコア」です。

LINE(ライン)ポケットマネーの「スコア」と、それを活用した「LINEポケットマネー」。

今回は、LINEスコアと、LINEポケットマネーの位置づけをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEポケットマネーの「スコア」とは

「スコア」とは、ラテン語の「スカラ」から来ています。

「スクール」の語源とも言われます。確かに「学校」は成績で数値化します。

LINE(ライン)スコアは、数値化できない「信用をデジタル的に」刻んで見えるようにします。

LINEスコアはポケットマネーの「入口」

LINEスコアは、LINEポケットマネーの「入口」に必要です。LINEスコアの点数を算出しましょう。

さらに、LINEポケットマネーの申し込みをするのに、LINEスコアで301点以上が必須です。

LINEスコアで300ポイント未満では、LINEポケットマネーの申し込みさえできません。

LINEスコアを上げる方法

LINEポケットマネーに申し込むには301点以上のスコアが必要です。

収入の無い学生さんは難しいかもしれませんが、一定収入あれば、301点以上は取れそうな感じです。

学生でもアルバイト収入があれば、点数はクリアできるでしょう。

さらに、LINEのサービスを活用することで、スコアの点数を上げることが出来ます。

301点以上を目指して、スコアアップをしましょう。

スコアは過去の情報に基づいたもの

スコアは、過去の情報に基づいたものです。

その人が、サービスをどのよう使っているか、これから蓄積されます。

LINEスコアは、開始当初は機能しない

LINEスコアは、開始当初は機能しません。

LINEショッピングとかポケットマネーなど、各サービスの情報収集を始めたばかりです。

各サービスで蓄積された情報を基に、「過去にこういう振る舞いをした人は、こういうものを買いやすい」とか、また、「こんな申し込みをする人は、お金を返さない傾向にある」とか、そういった情報を蓄積して、やっと判定できるようになります。

開始当初は、従来型の審査が適用される

開始当初は、判定できるほどの情報は蓄積されていないので、機能しません。

それではどうするか。

LINEスコアは、入り口の大まかな判定で使用されます。

入り口での審査に通過したら、従来型の個人信用情報機関からの提供場を基にした従来同様の審査た行われます。

LINEスコアが審査結果に影響を与えるようになるには

開始当初は機能せず、第1関門を決めるためだけにLINEスコアは使われます。

1年程度すると、各種情報が蓄積され、LINEスコアが審査結果に大きな影響を与えることになるかもしれません。

まとめ

LINEスコアという一つの数値に「信用」が表せるというのには違和感があります。

人には、個性や2面性があるからです。

また、スコアは過去の結果だけを見ており、未来どうなるか、は分かりません。

人には未知な「伸びしろ」もあるし、思わぬきっかけで堕落する、ということもあります。

だた、LINEポケットマネーを申し込みたい人には必須で、ある点数があるため、クリアするしかありません。

これにより、店舗やATMに行かなくても、時短でローンサービスを受けることが可能になります。

LINEスコアは、他にも色々使われる予定だよ

コメント