LINE Pay(ラインペイ)使えるお店は少ない?

この記事は約3分で読めます。

LINE Payって、使えるお店、少ないよね・・・

いや、LINE Payはプラスチックカードがあるので、使えるお店は最多と言えるよ

「PayPay」で皆が知るところとなったスマホ決済ですが、コード決済でお得に使えるお店は、まだまだ少ないようです。

LINE Payが使えるお店は少ないのか? まとめてみした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Payが使えるお店は少ないか?

「PayPay・LINE Pay・楽天Pay、どれが一番使えるお店が多いですか?」という質問を良くされたことがありました。

確かに、「PayPay」や「LINE Pay」で、20%還元の対象が「コード決済のみ」であったので、コード決済できるお得なお店を探しても、なかなか、普段使っているお店では導入されておらず、がっかりしたものです。

使えるお店が一番多いのは「LINE Pay」

使えるお店が一番多いのは「LINE Pay」であることが、広く知られることが起きました。

2019年3月後半のLINE Payのキャンペーン「春の超Payトク祭」では、コード決済以外も含めた決済方法でも20%還元を行いました。

LINE Payカードは、バーチャルカードでもAmazonや楽天市場でも使えます。また、プラスチックカードなら、JCBのクレジットカードが使える店舗なら、ほぼどこでも使えます。

これだけでも、PayPay・楽天Payの使えるお店の数をはるかに超えてしまいます。

「LINE Pay」なら電気/水道料金・税金なども払える

さらに、東京・東北・関西・九州で電気料金も払えるようになってきています。

水道料金や税金をLINE Payで払える自治体も増えています。

「お店」だけでなく、公共料金、さらには自動販売機でもLINE Payが使えるようになっています。

使えるお店・場面が多いのはいいことか?

LINE Payが払えるお店・場面が最も多いのは、間違いありません。それは、良いことなのでしょうか?

お金の出口を絞って管理する

「お金を管理して、使いすぎを減らす」ためには、「お金の出口を絞る」のは非常に効果的です。LINE Payを中心に使うことで、出費の記録も一元管理できます。

使いすぎの対策にもなり、有意義です。

本来のQRコード決済の意義は?

本来のQRコード決済の意義は、お店の導入や維持のコストを減らせることです。

安く導入・運用できるので、中小の小売店にも導入しやすくなり、キャッシュレス広めることが出来ます。

「プラスチックカードで使えるお店が多い」と言っても、これまでクレジットカードで払っていた人にとっては、「使うカードが変わった」くらいにしか思わないでしょう。

LINE Payカードなら「クレジットカードを作れない未成年でも持てる」という優位性はありますが。

LINE Payのねらい

LINE Payの狙いは、顧客の購買データを広く集め、後々のマーケティングに活用したいところにあります。

  1. 多方面の決済情報を集める。
  2. 多くのお店・場面で使えるようにする
  3. 費用を投じても、利用者を拡大する

キャンペーンと共に、一番使える場所の多いLINE Payの狙いが読み取れます。

まとめ

もっとも使える場所・お店が多いのがLINE Payだといえます。

決済方法をLINE Payにまとめることで、「お金の出口を絞れる」という大きなメリットがあります。反面、購買データがLINE Payに集約される、という不気味さはあります。

それらを総合的に考えて、LINE Payにまとめるか、分散するかは各自で判断しましょう。

現金が無くなることはないでしょうが、キャッシュレスの流れは確実に進行します。

 

LINE Payが使えるお店の数は、日本最大だよ!

コメント