LINE Pay(ラインペイ)メリット・デメリット。キャシュレスは地方から

この記事は約4分で読めます。

LINE Pay便利だね!

やっぱり、使って分かることってあるよね。

2018年末、PayPay祭りを契機に、2019年に入ってから本格にLINE Payを使い始めました。

その後、LINE Payを軸にしながら、PayPay・楽天Pay・Kyashなどを実際に使いました。

地方に住みながら、キャッシュレスを実践し、分かったことをまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

地方都市のキャシュレス事情

前提として、私は地方都市に住んでいます。

東京・大阪・名古屋など、電車網が発達した場所なら、「suica」などの交通系ICカードが便利なのでしょう。人口も多いですし、対応するお店も多いです。カードをかざすだけで買い物ができるのは、早くて便利なのだろうと推測できます。

ですが、地方都市に住む私は、交通系ICカードは持っていません。電車に滅多に乗らないからです。

一方、地方に限らないかもしれませんが、「現金のみ」というスーパーが地域には多いです。「現金のみ」というお店は、全体的にお値打ちなので、LINE Payを使うまでは、毎日のように現金で買い物していました。

ところが、LINE Payを使うようになり、一変しました。

ここからは、私の経験に基いての感想になります。

LINE Payを使うメリット

スマートホンがあれば、買い物ができる

買い物に現金が要らないので、スマートホンだけ持って買い物に行けるようになりました。とても身軽です。

お得に買い物ができるようになった

LINEを通じて、コード決済の時に使える100円クーポンが何回かもらえます。それを使えば、税込み101円以上の買い物で使えます。

また、キャンペーンであれば20%還元がされます。それらで、お得に買い物ができています。

最近では、大手のドラッグストアが食品も扱うようになり、還元を考慮すると「現金のみ」のスーパーよりも割安なので、LINE Payを使うようになりました。

会計が早い

レジで小銭を出したり、お釣りをもらうなどのやりとりがなく、早く会計ができるようになりました。

スマートホンならポケットに入れて歩いているので、カバンから財布を出すより、ずっと早く会計できますね。

ATMに行かなくなった

ATMに行かなくても、スマートホンでチャージができ、それで買い物ができます。

ATMに行く頻度がグッと減りました。ATM並ぶ無駄な時間がなくなりました。

還元がされるお店が割安になるので、今まで言っていた現金のみのお店に行かなくなりました。

買い物が楽しくなった

キャンペーンで「くじ」がひけるようになり、買い物の後の楽しみができました。

LINE Payを使うデメリット

メリットの裏返しですね。

現金のみのお店の行列が残念で、あまり行かなくなり、財布を持って歩くのが苦痛になります。

ATMに並ぶのが馬鹿らしくに思えてしまいます。

使えるお店が少ない

普及が始まっているといっても、まだ「現金のみ」のお店も多いです。

ただ、2019年10月からの消費増税の景気対策で、キャシュレスの小売店にはポイント還元が始まります。

今、現金専門の店でも、キャシュレスにも対応できるようにするお店も増えるでしょう。あるいは、現金値引きするか。

そうしないと、キャシュレスでポイント還元するお店に、客は流れてしまうからです

キャシュレスの流れが加速するのは間違いありません。

まとめ

キャシュレスにする前には普通にやっていたことが、一度キャシュレスの便利さを味わってしまうと、途端に面倒に思えてしまいます。

実際に、ATMや現金レジは維持管理費が高くつきます。

キャシュレスが進むとATMの数は減るでしょう。現金レジも更新時期には見直しが入るかもしれません。

まだ、周りでもLINE Payなどキャシュレスを使う人は多くありません。しかし、少しずつ増えているように感じます。

日常で、個人間のお金のやりとりをLINE Payでするようになるのも、案外すぐそこかもしれません。

4月から新生活で、親元を離れた子供の仕送りにLINE Payを使うとか、最適だなと思ったりします。

「お金」という便利なものを手にした人は、物々交換の時代には戻れないです。一方、物々交換がなくならないように、現金もなくならないと思います。

本当のキャッシュレスは、これからだけど、もうすくかも。

コメント