LINE Pay(ラインペイ)は300億円のボーナス!HIKAKIN登場!令和の戦いの幕開けだ

この記事は約3分で読めます。

PayPayの100億円が終わったら、LINE Payが300億円を配るって?

送金にフォーカスしたキャンペーンだね

突然の「PayPayの第2弾100億円、あげちゃう!キャンペーン」終了され、絶好のタイミングで「Payトクキャンペーン」の発表かと思ったら、「送金」ですね。

全員にあげちゃう300億円祭り」について、まとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

全員にあげちゃう300億円祭り

【キャンペーンの概要】

期間令和元年5月20日(月)~29日(水)
予算(還元金額)300億円相当
1人でもらえる上限1000円相当
付与方法LINE Payボーナス
受取期限令和元年6月30日
詳しくは、こちら

若年層にターゲット

発表のLINE Liveには、LINE Payアンバサダーの今田美桜と

クリックで拡大

ゲストは「HIKAKIN」。

クリックで拡大

ゲストのHIKAKINは、子供にも大人気のYoutuberで、開始前には実況もやるようです。

平成31年4月から今田美桜がアンバサダーに

未成年でも参加できる

LINE Payは、未成年でも参加できます。

小学生でも、銀行口座さえ紐付けることができれば使えます。

今回は、未成年でも一人1000円もらえます。

5人家族なら5000円。

子供でも持てる

LINE Payボーナス?

送りあってもらえるのは「LINE Payボーナス」です。

LINE Payでは、「LINE Pay残高」と「LINEポイント」が使われていました。

今回は「LINE Payボーナス」が登場です。

公式サイトの表が分かりやすいです。

出典:公式サイト

LINE Payボーナスの特徴

以下が、LINE Payボーナスの特徴です。

  • LINE Payボーナスを持っていたら、支払う時に優先して使われます。
  • 友だちに送ることはできますが、1人に対し受け取れる上限は1000円です。
  • 出金はできません。

要は、使う専用です。

使用期限については、「2年間」です。案外長いので、1000円分なら使えるでしょう。

LINE Payカード・QUICPayでは使えません。

コード決済か、オンライン支払・請求書払いで使えますね。

3000万人に送金したら終了

既に、LINE Payの利用者は3000万人に達しているということです。

もしかすると、数日で終わってしまうかもしれません。

1人で、500人の友達に送ったりしたら、300億円を使いきる可能性はあります。

使っていたけれど、今はお休みしている人を復活したり、活性化する狙いも見えますね。

まとめ

せっかく送ったLINE Payボーナスも、6月30日の受取期限に受け取らないと消失します。

LINEとしては、300億円を配った話題性と、実は使わずに済んだ、両方とれるかもしれません。

お店にとっても、使ってくれたら嬉しいですね。

うがちすぎだぞ~

コメント