LINE Pay(ラインペイ)生活応援祭対象店舗を探す最強アプリ

この記事は約3分で読めます。

PayPayの1周年、アクシデントで終わっちゃたぁ

次は、LINE Payの「生活応援祭」だろぉ

消費税が10%になり、暗くなりがちな2019年10月です。

スマホ決済を還元率で牽引してきた、PayPayとLINE Payが、大型キャンペーンです。

今回は、LINE Payの「生活応援祭」の対象店舗と、探す方法をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pay(ラインペイ)生活応援祭

2019年10月、2つの注目キャンペーンがありました。

1つはPayPayの1周年記念でした。

20%還元を1日限りで復活するということで、アクセス過多で画面が待機画面になってしまうトラブルや、還元がされないトラブルがありました。

 

続いて、10月18日からLINE Payが生活応援祭をします。

最大12%還元ながら、期間は10月31日と長いです。

LINE Pay(ラインペイ)生活応援祭のイベントページが公開されました。

以下、対象店舗を中心に見てみましょう。

LINE Pay(ラインペイ)生活応援祭対象店舗

スーパーは10%

10%還元として確定しているのは、以下です。

  • オーケー
  • サミットストア
  • 成城石井
  • 東急ストア
  • ベイシア
  • ライフ

いずれも、地域密着型のスーパーです。

10%還元の対象は、スーパーである可能性が高いです。

これ以外にも、増えると予想します。

ドラッグストアは5%

5%の対象店舗は「その他スーパー、ドラッグストア」という予告サイトの記述がありました。

実際は、こちら。

ドラッグストアが中心です

ドラッグストアは、もともと価格が安いので、5%上乗せされるだけでもお得感が高いです。

対象加盟店はキャンペーン特設サイトで

正しい対象店舗は、特設サイトで発表されています。この後追加もあるかもしれません。

LINE Pay(ラインペイ)生活応援祭対象店舗を探すアプリ

LINE Payでも、キャシュレス消費税還元の加盟店を探せるように進行中です。

このキャンペーンに間に合うかは、わかりません。

既に、お店を探す良いアプリがあります。

「ai-credit」は週刊アスキーでも紹介されている優れた「お店検索アプリ」です。

インストールの仕方や簡単な使い方は、以下を参照下さい。

まとめ

LINE Payの「生活応援祭」は、PayPayの1周年キャンペーンをかなり意識したものと思います。

おそらく、大きな混乱は起きないでしょう。

トラブルメーカーのPayPayと、後出しでウマいところをさらってしまうLINE Pay。

宮川大輔さんと今田美桜ちゃん、キャラクター通りですね。

どちらも良い意味でズルイです。

あくまでも個人の感想だよ。

コメント