LINE Pay(ラインペイ)対メルペイ。50%還元にはウラがある?

この記事は約3分で読めます。

5月6日までのメルペイの50%還元、すごいね!

買うたびに50%オフは、すごいね。

過去最長の10連休「キャッシュレスウイーク」の目玉は、PayPayでもLINE Payでも楽天Payでもなく「メルペイ」でした。

驚きの50%還元で翌日に反映。セブンイレブンなら70%オフです。

これまでの他社サービスでは、最高20%程度の還元だったので、「50%還元」はいきなり2倍以上です。

メルペイの50%還元を利用して、良かったこと・悪かったことをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

メルペイの50%還元を使ってみた

2019年4月のゴールデンウィークは、メルペイが掟破りの「50%翌日還元」でした。

「これって最強」と思ったので、決済してみました。

良かったこと

メルペイの50%還元を使ってみました。この機会に初めて使いました。

ローソンで使いました。

スムーズな決済

「メルペイで」と言ったら、戸惑うことなく店員さんがバーコードを読み、スムーズに決済できました。

854円を決済しました。

翌日、ポイントが戻った

854円の50%なので、427ポイントが、翌日戻ってきました

「これは!、メルペイすごい!!」

決済の時に、ポイントがあればポイントから払われるのですが、ポイントから払った分でも、50%戻ってきます!

ただ、今後、同じようなキャンペーンがあったときには、注意する点です。

「ポイントで払ったら対象外」という場合が多いです。LINE PayのキャンペーンでもLINE Pointで払ったら、ほとんど還元の対象外ですね。

地元のドラッグストアで使えた

50%還元のメルペイで使おうと思っていましたが、ローソンがありませんでした。

仕方なく、PayPayが使える、地元のドラッグストア「Vドラッグ」に入りました。

商品を持って、レジに行くと「メルペイ」の赤いロゴをみつけ、決済できました。

悪かったこと

「ポイント」が優先して使われる

メルペイの決済の時には、「残高」から使うか「ポイント」から使うか選ぶことができません。

「ポイント」が0でなければ、「ポイント」から使われます。

LINE Payなら、選択できるんですが。

「おさいふケータイ」でないと使えるお店が少ない

決済方法をコード払いに限定すると、使えるお店が極端に少ないですね。

「ポイント」には有効期限がある

ポイントには有効期限があるので、せっかくもらったら、忘れずに使いましょう。

ただ、楽天の期間限定ポイントと比べたら、割と長めです。

まとめ

「ポイントで払ったら還元対象外?」と思ったら、そうではありません。

ポイントで払っても50%還元になる、驚きの50%ポイント還元でした。

 

還元の上限が低いこと・コード払いのみのお店が少ないくらいしか文句はありません。

この先も、キャンペーンなどを期待しましょう。

ここで終わるはずはない!

コメント