LINE Pay(ラインペイ)にできて、PayPayにできないこと。またその逆

この記事は約3分で読めます。

20%還元を続けるPayPay、いいね!

300億円をみんなに配る、LINE Payもいいよ。

「20%還元」や「くじ」。

先行して設立されたLINE Payでしたが、2018年後半にPayPayが現れてから、キャンペーンではPayPayが先行し、LINE Payが真似る形になっています。

良い形で、スマホ決済のトップを争うライバル関係にあると思います。

今回は、「LINE Payにできて、PayPayにできないこと。」という視点でまとめてみました。

それそれが改善を続けているので、あくまでも「現時点での比較」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Payにできて、PayPayにできないこと。

コミュニケーションアプリとして、ナンバーワンのLINE。豊富な資金源があるPayPay。

この先もLINE Payだけ?

予想ですが、以下はこの先もLINE Payだけかな、と思う内容です。

送金でキャンペーン

「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」で、LINE Payは、元手なしで誰にでも1000円を配れるキャンペーンをしました。

それまでは、使った金額に対し「20%還元」など、決済に対してのキャンペーンでした。

「送金」キャンペーンにより、「LINEを使っているが、まだLINE Payを使っていない」人に対し、「友だち」が働きかけてくれることになります。

こんなキャンペーンができるのも、日本一利用者が多いアプリ「LINE」の運営するLINE Payだからです。

昔は、だれもがYahoo!IDを持っていた

Gmailが出てくる前は、フリーメールというとYahoo!メールでした。

ヤフーのアカウントは、作り放題でした。

Yahoo!IDを持っている人に、送金キャンペーン! やらないでしょうね・・・

チャージが、1円単位でできる

銀行からのチャージですが、PayPayは最低100円単位。LINE Payなら1円単位でできます。

「1円残さず使いきろう」と思うと、1円単位でチャージできないと、必ず端数が残ることになってしまいます。

「1円単位でチャージできる」

細かく家計をやりくりする主婦の皆さんには、とても嬉しいですね。

三菱UFJ銀行からチャージができる

LINE Payなら、三菱UFJ銀行からのチャージができます

バーチャル・リアルのカードを発行できる

PayPayは、Yahoo!ジャパンカードがクレジットカードとしてあるので、別にカード発行はしないようです。

LINE Payは、カードが発行でき、実店舗でも使えます。

PCI DSSの認証取得

国際的なセキュリティ認証の「PCI DSS」を2015年10月に取得しています。

PayPayは、現時点で取得していません。

もうすぐPayPayもできる?

以下は、PayPayでもできるようになるかもしれません。

銀行口座への出金

銀行口座への出金は「提供予定」。準備中のようです。

オンライン払い

PayPayもヤフーショッピングなどで、オンライン払いの対応が始まるようです。

PayPayにあって、LINE Payにないこと。

孫正義さんの存在

資本があるとか、営業力があるとか、いろいろ考えましたが、やはりこの人の存在は大きいです。

LINEには、カリスマ経営者? いませんね。

まとめ

LINE Payにできて、PayPayにできないことについて、まとめてみました。

その逆もあるので、どちらも併用して行くと良いですね。

LINE PayとPayPay、どっちも良いね~

コメント