LINE Pocket Money(ポケットマネー)ブラックの審査時間は20分以下!

この記事は約2分で読めます。

LINEスコアって、いいのかな?

ポケットマネーの審査には、必須だよ。

カードの延滞歴はないものの、住宅ローンあり。

さらに、FXで背負った借金は「xxx万円」。「ブラック」では無いですが、「グレー」ですね。

50代サラリーマンが、LINE Pocket Money(ポケットマネー)に申し込んでみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEポケットマネー、ブラックの審査時間

いつから申し込みできる?

Andoidスマホの場合は、2019年8月29日から、iOS(iPhone)は、9月2日から、審査申込ができるようになりました。

申込した先着10万人に、1000円分相当の「LINEポイント」がもらえるキャンペーンがあります。

審査時間にかかる時間は?

受付は24時間ですが、審査結果が出るには、審査のタイミングや状況によって異なります。

「グレー」な人の場合

銀行の借金が180万円。FXでの損害、120万円をリボルビング払いの返済中。

カードの延滞などはないので、なんとか「グレー」なサラリーマンが、20分弱後に出た、審査の結果は以下の記事を参照してください。

「ブラック」な人の場合

おそらく、クレジットカードの延滞歴などがある「ブラック」な人の場合には、20分以内にLINEのトークに結果が出ると思います。

口コミ情報による審査時間

ネット上の口コミによると、審査を通過してお金を借りられる人の方が、審査の時間がかかるようです。

中には、2日ほどかかる場合もあると、ネットの口コミにはありました。

スポンサーリンク

審査における推察

このセクションは推察です。

「LINEスコア」で入り口を広く

「LINEスコア」は、多くの人を呼び込むための口実ですね。

できるだけ多くの人を、良い条件(低金利・高金額)で申し込みへと誘います。

信用審査は今まで通り

信用は、通常通りです。

「グレー」や「ブラック」の人は、20分以内に「落選」の回答をします。

「グレー」や「ブラック」なら、即効に落としやすいです。

金額や利率を算出するのも手間なので、事前に省いてしまえば省力化できますね。

スポンサーリンク

まとめ

AIに「人間のまじめさ」とか「可能性」とかを測ってくれと言っても、所詮無理ですね。

中国では、為政者が国民を従わせる道具として、AIやキャッシュレスを使っています。

色んなスキマをついて、戦うしかないですね。

残念ながら「LINE」も営利企業の一つです。結局、損失は抑える戦いをしています。

グレーもブラックも、戦うぞ!!

コメント