LINE Pocket Money(ポケットマネー)が再開!92時間30分の真実

この記事は約2分で読めます。

LINE Pocket Moneyが受付を再開したよ!

喜んでいいのかな・・・

LINE Pocket Moneyの「新規申込」「限度額引上」「借入」の機能が停止していました。

再開まで、およそ92時間30分かかりました。

この真実を考察してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pocket Money(ポケットマネー)が再開

停止から再開まで

2019年9月6日の18時ごろから停止。

再開は、2019年9月10日の14時30分頃です。

お知らせ|LINE Score】※スマホのみ閲覧可能です

この間は、本人確認の結果も出なかったようです。

スポンサーリンク

【考察】停止の理由はアクセス過多

サービス停止の理由・原因は「アクセス過多」と思われます。

審査申込が殺到したのです。

なぜ、申込が殺到したのか?

「LINE Pocket Money」に申し込みが殺到した理由。

「LINE Score(スコア)」が導入され、希望を持った人たちが「LINE Pocket Money」に審査の申込をしたものと思います。

iOSも「9月2日」に申し込みが開始しました。

それも重なって、申込が殺到しました。

申し込み殺到によるアクセス増

審査のための影響は、想定を上回るアクセスとなり、システムが停止してしまったものと思います。

我先に、審査を申し込んだ自覚はなかったかもしれませんが、結果として停止となりました。

スポンサーリンク

【考察】期待の高まり

先行したLINE Score

LINE Scoreが先行して、今までなかった「信用」が評価されると期待されたと思います。

まじめに生きてきた人ほど、借金を抱えるものです。

詐欺師は善人を食い物にします。

スコアが良ければ、借りられると期待して、申し込んだと思います。

真のキャッシュレスとは

真のキャッシュレスとは、お金が無くても、誰もが笑顔で生きられるような社会を造ることだと、考えます。

そんな社会を創ることは、相当に難しいこととは思います。

お金を借りたいという人の期待の表れです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 停止したのは殺到したから
  • お金を借りたい人が多い

それだけ、お金に困っている人が多いです。

政府もキャッシュレスを進めていますが、それだけで良いのでしょうか?

低金利での貸し出しがあれば、救われる命は増えると思うのです。

以上「92時間30分間」の考察でした。

「考察」だよ

コメント