LINE Pocket Money(ポケットマネー) 利息100日実質無料キャンペーン解説

この記事は約3分で読めます。

LINE Pocket Moneyが、利息無料キャンペーンを始めたね!

内容を、よく理解して参加しよう

最大100日間、利息がキャッシュバックされるので、実質無料になるキャンペーンです。

できるだけ、分かりやすく解説します。

ちょっとした落とし穴もあるので、損しないように、よく読んで参加して下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pocket Money 利息100日実質無料キャンペーン

LINE Pocket Money(ポケットマネー) が、利息100日実質無料キャンペーンを行っています。

キャッシュバック条件

対象者

対象者は、「2020年1月20日まで、LINE Pocket Moneyで借入をしなかった人」です。

額の大小によらず、期間前に1回でも借り入れた人は、対象外です。

契約の有無については

  • まだ、契約をしていない人もこれから契約すれば、対象。
  • 既に契約済の人でも、借入していなければ対象。

要するに、「2020年1月20日までに、1回でも借り入れた人は対象外」です。

対象借入利用期間

2020年1月21日(火曜)~3月31日(火曜)の間の借入が、キャッシュバックの対象です。

1月21日から3月31日まで、100日間です。

初日に借り入れたら、最終日が100日目なので、期間は「最大100日」です。

後になればなるほど、参加期間は短くなります。

対象返済期間

返済した利息分がキャッシュバックされます。

対象返済期間は、2020年1月22日(水曜)~4月30日(木曜)の間の返済です。

LINE Pocket Moneyは、随時返済が可能なので、4月30日までに返済すれば、利息分のキャッシュバックがされます。

要注意事項

滞納しないこと

キャッシュバック対象期間中に、返済が滞ってはいけません

滞納した場合は、それ以降の利息のキャッシュバックはされません。

キャッシュバックは後日

キャッシュバックされるのは返済後、約15日後です。

詳しくは、公式サイトに図解されています。

嬉しい点

LINE Pay残高へのバック

LINEポイントではなく、「LINE Pay残高」へのキャッシュバックであるのが嬉しいです。

LINEポイントは使い道縮小

2020年1月以降、LINEポイントはとても使い勝手が悪くなってしまいました。

各種ポイントへの交換も制限され、実店舗での決済時に使うくらいしか、使い道が無くなってしまいました。

(LINEモバイルなどのLINE系サービスを除く)

LINE Pay残高は、ネット支払いでも使える

LINE Pay残高は、LINEポイントと違って、ネットでの支払いでも使えます。

ネットでの支払いにも使えるのは大きいです。

LINEスマート投資でも使える

LINEスマート投資へは、LINE Pay残高から入金もできます。

マイカラーに応じて、ポイントの付与がされます。

応用すると、実質無料で銀行口座に出金も可能です。

期間内なら、2回目以降の追加も対象

期間中はじめての利用なら、2回目以降の追加借り入れも、利息分はキャッシュバックされます。

公式サイト】より

コメント