LINE Pay(ラインペイ)で送金依頼。手数料や限度額・メリット

この記事は約3分で読めます。

ガーン! お金が足りなくなっちゃた!!

こんな時のために、LINE Payを使えるようにしておくと、心強いよ。

新生活を始める季節に備えて、送金したり、送金依頼できる準備をしておきましょう。

入学や就職で、親元を離れる人も多く、どうしても、お互いがお金に困ることがあります。

LINE Pay(ラインペイ)なら、手数料は「無料」。送るのは一瞬で、届いたことも分かります。

困ったときには「送金依頼」もできるので、旅立つ前に、双方がLINE Payを使えるようにしておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Payで送金・送金依頼

LINE Payでの送金には、次のような利点があります。

  • 送る側も、受け取る側も「手数料無料」
  • 銀行や郵便局に行かなくても、良い
  • 送るのも受け取るのも一瞬
  • 送ったことも、受け取ったことも、通知が来て分かる

以下、個別に見てみます。

手数料無料

LINE Payは、出金以外で手数料はかかりません

1円の送金でも、手数料はかかりません。

銀行の場合は、同じ銀行にある口座であっても、口座番号が違えば振り込み手数料はかかりますし、他の銀行だと、手数料は倍になったりします。

郵送であっても、現金書留や為替など、ゼロ円では送金できません。

その点、LINE Payの送金手数料ゼロ円は、ダントツにお得です。

どこにも行く必要がない

郵便局や銀行、ポストやATM、コンビニに行かなくても、手元にあるスマートホンで送金ができます。

最高の時間短縮になります。

一瞬で、送金・着金できる

通信回線を通して、光の速さで送金でき、着金も一瞬です。紛失する恐れも、間違ってどこかへ行くことも、まずありません。

送金・着金に対して、通知が来る

さらに、送金できたこと、相手が受け取ったことも、LINEトークに通知が来ます。

「ちゃんと届いたかな?」と心配することはありません。

LINE Payでの送金方法

LINE Payで送金する方法は、この記事でまとめてあります。

LINE Payで送金依頼

送金を依頼する方法です。

送金依頼の方法

LINE Payのウォレットを開きます。

下にスワイプすると「送金依頼」のアイコンがあります。

「送金依頼」のアイコンをタップし、送る相手を選び、金額を入力して進めるだけです。

LINEトークに送金依頼のメッセージが現れます。

メッセージが、相手側にも表示されます。

送金されたか、確認

送金し、相手が受け取ると、LINE Payの残高が減り、LINEで通知が来ます。

相手が、ちゃんと受け取れたことを確認できるので、安心です。

送金限度額

1日に送金できる限度額は10万円です。

1日に遅れる額なら、これで十分でしょう。

あまりに多額の送金ができると、犯罪に使われてしまうかもしれません。

まとめ

事前に準備をしておけば、ほんの一瞬で送金ができ、相手に届いたことまで確認できます。

昔なら、最低でも送金から着金まで、1日はかかっていました。

遠い場所にいる相手こそ、心配なので早く届けたいのに、遠距離だと届くのに時間がかかる・・・

LINE Payを使えば、日本中のどこからでも、ネットにつながれば、瞬時に送金ができます。

ちなみに、送金依頼を受けて、送金しなくて放置しても、何ら問題はありません

子供のためにも、LINE Payを準備しよう!

 

コメント