LINEポケットマネーの審査落ちた!再審査は約1カ月後。早い!

この記事は約3分で読めます。

LINEポケットマネーの審査落ちちゃった!

がっかりしないで、スグに再審査できるよ。

LINEポケットマネーの審査落ちた!という声を聴きます。

再審査は、およそ1カ月です。がっかりする人もあるかもしれません。

ですが、再審査すれば通過する可能性も高いです。

かく言う私も、3度目の審査で通過しました。

その詳細をまとめてみました。体験談もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEポケットマネーの再審査は約1カ月後。早い!

ブラックリストに載ると、5年間は記録が消えない、といわれます。

ところが、LINEポケットマネーなら、1カ月後に再審査できます。

通過する可能性があります。

審査に落ちても、約1か月後に再審査が出来ます

体験談

ブラックリストから消えるのは、5年後

信用調査機関のブラックリストから、滞納情報が消えるのは、5年かかるといいます。

この間は、クレジットカードも作れない、不便な状態になります。

キャッシュレスが使えないことになってしまいます。

キャッシュレスが使えない損失

世界的にも先進国で、キャシュレス化が遅れているのが日本です。

国を挙げて、キャシュレスを進めています。

現金にかかるコストを削減して、その分を還元されるキャッシュレス決済は、LINE PayなどのQRコード決済も台頭してきています。

クレジットカードも、スイカなどのICカードも早くて便利です。

キャッシュレス決済が使えないのは、痛手です。

1カ月後の再審査でも通過できる

チャレンジして、枠を確保しておけば、「いざ」という時に使うことが出来ます。

ブラックリストに乗るよりは、借入れて充当するのが良いです。

2回ダメでしたが、3回目に通りました。

それでも通過しなかった、あなたのために

LINEポケットマネーに通過しなかったからと言って、悲観することはありません。

個人でも資金調達できます。

中小消費者金融

アコムやプロミスなどの大手消費者金融は、審査は一律で厳しいです。

しかし、「中小消費者金融」があります。大手との棲み分けをして生き残っています。

存続できるのには、理由があります。

「大手消費者金融が貸さないような人であっても、独自の審査で貸し付け、ちゃんと回収している」からです。

突発的な事故や火事などの災難・病気、また結婚式や祝い事など、慶弔に関わらず、急な出費が必要なこともあるでしょう。

特に、東京以外に本社がある会社は、地元に根付き、地元の評判が悪くないから生き残っていけるのです。

しっかりと法令を遵守し、暴力的な取り立ては一切ありません。

小回りは聞きますし、個人の要望にも耳を傾けてくれます。


キャッシングサービス【アロー】

キャッシングの「アロー」は、名古屋に本社がある会社で、インターネットから24時間受け付けています。(少々、ホームページは古臭いですが・・・)

\そのほかのおすすめは、こちら/

中小消費者金融のおススメ5社

実は違法ではないクレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化は違法かと思っていましたが、そうではありません。

カード会社のJCBが言うのですから、間違いありません。

クレジットカードでキャッシングできなくても、ショッピング枠があれば、可能。

\ショッピング枠があれば現金化/

>
\換金率で選ぶなら/

詐欺業者は、まともなホームページもありません。上のバナーから確認してみてください。

まとめ~資金調達方法はまだある

あきらめずにチャレンジしましょう。

生きているうちは、戦えます。

死んじゃだめだぞ!

コメント