LINE Pocket Money(ポケットマネー)審査のすべて【骨の髄まで】

この記事は約3分で読めます。

LINE Pocket Moneyの審査について教えて!

全身全霊を費やして、お答えします。

LINE Pocket Money(ライン・ポケット・マネー)を使うためには、審査に通らなければなりません。

最初の一歩、LINE Pocket Moneyの審査について、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

line ポケット マネー 審査のすべて

全体の流れの中で、最初のステップ「審査」についてです。

全体の流れは、こちら

まず、審査を受けるためには、LINEスコアが300点以上必要です。

審査申込は夜でも可能

審査の申し込みは、24時間・土日祝祭日も可能です。

否決の例

審査を申し込んだら、夜なのに結果が来るのに20分かからなかった例(↓)

可決の例

可決も20分かからなかった例(↓)

line ポケット マネー 審査時間の謎

審査には手作業が入ります。

審査に手作業が入る根拠

情報漏洩事件は、人の手による作業が入っていたからです。

では、なぜ土日祝日、また夜間でも審査結果が返ってくるのでしょうか?

情報は蓄積され、判定はAIで行う

ここからは推理になります。

省力化によりコスト削減を図っているLINE社ですので、24時間勤務させるほどの人件費は払わないでしょう。

であれば、一度審査を申し込んだ人のデータは蓄積しておき、独自のAI(機械)化ロジックで判定しているのでしょう。

lineポケットマネーの審査で電話はかかる?

審査の申し込みについて気になるのが「職場に電話はかかるのか?」ということですね。

経験的に職場に電話はかかりません。かかるとしたら、余程疑われた場合です。

全件、電話をかけて確認するほどの人件費はかけません。

AIで判定して、「怪しい」と判断された人だけに電話がかかることはあるでしょう。

口コミでも、「電話がかかってきた人は少ない」という情報があります。

line ポケット マネーの審査時間が長いのは

まとめてみると、

  • 初めて審査の申し込みをした人
  • 怪しいと判定された人
  • 当落線上ギリギリの人

このように推測できます。

待てる人は待ちましょう。

待てない人のために、個人間のファクタリングである「給料ファクタリング」を勧めていたこともありましたが、違法性が高いことから、掲載を取りやめました。

自己破産でも通過する?

自己破産でも通過する可能性があります。

独自の審査基準がありますので、例え自己破産した人であっても、通過する可能性はあります。

line ポケットマネーの審査に落ちても、めげてはいけない理由

どんな理由があるにせよ、めげず・嘆かず・投げ出さず。

ブラックリストに乗ったような人でも、通過する可能性があるのです。

lineポケットマネーの再審査は、およそ1カ月後、早いです。

1年に12回もチャンスがあれば、1回くらい通過する可能性があると思いませんか?

私は、3回目に通過しました。

成功するイメージができることは、大切です。

まとめ~審査通過・増額へ

lineポケットマネーの審査が通ったら、タイミングを見計らって増額しましょう。

私の体験

審査に通過してからが、勝負ですね。

お家に帰るまでが、遠足です!

コメント