LINE Pay(ラインペイ) に対抗?PayPayが3%還元開始!

この記事は約3分で読めます。
PayPayが、使えるお店が増えてきたよ。
営業力はすごいからね。いよいよ、本気を出してきたかな。

LINE Pay(ラインペイ)では、2019年中に「LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)」を発行すると発表しています。

詳しくは、こちら

初年度は3%の還元があり、これでLINE Payが「最もお得なスマホ決済」になると思っていましたが、ライバルPayPayから驚きの発表がありました。

条件・上限金額はあるものの、常時3%が戻ってくる

というものです。

「100億円あげちゃう!」キャンペーン終了後は、「LINE Pay」が安泰かと思っていましたが、そうではありません。

「PayPayの3%常時還元」について、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3%還元だけじゃない!LINE PayとPayPayの戦い

先手は、「LINE Pay VISAクレジットカード(仮称)」の発表でしたが、まだ発行はされていません。

待っているうちに、PayPayが2019年6月1日から「3%の還元をいつでも行う」と発表しました。

公式サイト】より

LINE Payのクレジットカードは先になるでしょうし、申し込んでから届くまでに時間がかかります。

PayPayの方が、先に3%還元を始めるようです。

オンライン払いにも対応

LINE Payは、オンライン支払に既に対応してます。

遅れましたが、PayPayも6月から、Yahoo!ショッピングに対応するそうです。

追いつこうと必死ですね。

くじも、競争か?

PayPayは「やたら当たるくじ」ですが、LINE Payは「もらえるくじ」。

「やたら当たるくじ」は、キャンペーン期間限定です。

LINE Payは、ずっとくじを引けるようになっていますが、PayPayも「PayPayチャンス!」という名前で、最大全額返金のくじを常態化します。

競い合っていますね。

業種持ち回り20%還元

さらにPayPayは、「ワクワクペイペイ」というキャンペーンを始めます。

業種持ち回りは、LINE Payの「Payトク」の得意技でしたが、「ワクワクペイペイ」も20%還元をします。

LINE Payの超PAYトク祭りは15%還元なので、PayPayの方がお得です。

「業態持ち回り」とは、コンビニ・ドラッグストア・家電量販店などの特定の業種に限定してキャンペーンを行うものです。

発表されているのは、こんなところです。

  • 5月・・・ヤフオクドーム
  • 6月・・・ドラッグストア

この後も続くでしょう。

まとめ

LINEは、推定100億円以上の赤字になりました。赤字になってでも、顧客を増やしたいのです。

PayPayは、「100億円あげちゃう!」キャンペーンを2回も実施しています。

まだ、ほとんど利益は上がっていないでしょうから、200億円は赤字でしょうね。

企業が競争すると、価格を安くする戦いにもなります。

還元率はどう決まるか、ちゃんと確認しておきましょう。

期間と還元率、わからなくなっちゃうね

コメント