LINE Pay(ラインペイ)ビッグカメラで使うなら更にお得な【SHOPPING GO】

この記事は約3分で読めます。

実質20%還元だから、iPad Airをビックカメラで買うよ! Apple製品も、実質値引きになるって、良いね。

でも、どうせなら「SHOPPING GO」も使うと、もっとお得になるよ

LINEのサービスに「SHOPPING GO(ショッピン・ゴー)」があります。

「SHOPPING GO」というのは、実店舗での購入時にバーコードを読ませると、購入額に応じたポイントがもらえるサービスです。

今回は、LINEの「SHOPPING GO」について、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「SHOPPING GO」とは

インターネットではなく、実際のお店で決済するときに、LINEの「SHOPPING GO」を使い、表示させたバーコードを読ませると、お店で決めた還元率でポイントが返ってきます。

「SHOPPING GO」なら、ポイント追加

LINE Pay自体のキャンペーンの残高還元や、マイカラーのポイントとは別に、「SHOPPING GO」のポイントももらえます。

「平成最後の超PAYトク祭り」(2019年4月18日~4月30日)の案内ページからの引用です。

出展:ビックカメラ公式サイト

このキャンペーン期間(2019年4月18日~4月30日)なら、以下のように還元・ポイント付与されます。

 内容還元方法還元率
平成最後の超PAYトク祭り残高還元15%
マイカラーポイント付与0.5~2%
コード払い促進ポイント付与3%
SHOPPING GOポイント付与1%

合計で、19.5~22.5%となります。(ただし、15%の還元には上限金額があります)

さらに、お店独自のポイント(ビックカメラなら「ビックポイント」)も、もらえてしまうんです。

PayPayとの比較

PayPayの「第2弾100億円あげちゃう!キャンペーン」は、決済1回あたり1000円まで、という上限があります。
2019年4月18日から4月30日の間で、5千円以上6万7000円までの購入であれば、LINE Payを利用した方がお得になります。これには条件があるので、以下の記事を参照してください。

詳しくはこちら

5万円の買い物で、SHOPPING GOにより、プラス1%で500円分が返ってきます。たかが1%でも、積もれば山となります。

「SHOPPING GO」の使い方

ビッグカメラグループの公式サイトに、使い方がわかりやすく記載されているので、引用しておきます。

出展:ビックカメラ公式サイト

「LINEアプリ」ー「ウォレット」-「マイカード」の順に操作し、対象ショップをタップするとバーコードが表示されます。

まとめ

「SHOPPING GO」の対象店舗は多くありませんが、使えるお店では、ぜひ活用しましょう。

ビックカメラグループの存在は大きいですし、ヤマダ電機も扱い店舗を拡大していきそうです。

ちょっとスマホを操作して、コードを読んでもらうだけで、LINEポイントがプラスで返ってくるのですから、対象店舗では使わない手はありません。

知っているか、知らないかだけで、損得が変わってきます。

これからも、お得な情報をお届けするよ。

コメント