LINE Pocket Money(ポケットマネー)CIC 情報提供はされる?

この記事は約3分で読めます。

「LINE Pocket Money」で、審査情報を提供するのは「CIC」なのかな?

携帯電話の滞納が心配?

LINE Pocket Money(ポケットマネー)で、審査のための情報提供をする個人信用情報機関は「CIC」だという噂がありましたが、どうやら 情報提供するのは「JICC」のようです。

ただし、CICの情報も参照されるようです。

できるだけ簡単に、「LINE Pocket Money」と「CIC」について、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pocket Moneyの審査はCICが情報提供?

LINE Pocket Moneyの審査について

LINE社のプレスリリースでは、以下のように「LINE Pocket Money」の審査の独自性を報じました。

「LINE Pocket Money」は、長らく活用されてきた個人信用情報と、パートナー金融機関の保有する与信審査ノウハウに、「LINE Score」を掛け合わせることによって、より一層個人に寄り添った、これまでにない信用評価を可能としています。

公式サイト:プレスリリース】より

上の内容は、「LINE Pocket Money」のヘルプセンター「LINE Pocket Moneyとは?」の項にきさいがありました。

LINE Pocket Moneyの審査は、「みずほ銀行」「オリエントコーポレーション」「LINE Credit(ポケットマネーの提供会社)」の3社が行うことが分かります。

LINE Pocket Moneyの審査情報の提供は?

審査は3社が行いますが、審査のための情報は提供を受けなければなりません。

クレジットカードの会社・信販会社、そして銀行など、個人の借金や返済を扱う会社は多数あり、それを1つにまとめないと信用情報は数えきれないほどバラバラです。

そこで、日本の信用情報は信用機関にまとめられることになりました。

日本にある信用情報機関は、3つです。

  • JICC(株式会社 日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社 シーアイシー)
  • JBA(全国銀行個人信用情報センター)

3団体、それぞれに扱う信用情報が異なります(一部重複はしますが)。

LINE Pocket Moneyの審査情報を提供するについて

では、LINE Pocket Moneyの審査のための情報を提供するのは、どの団体でしょうか?

先の3団体のうちで、みずほ銀行とオリエントコーポレーションとLINE Credit(ポケットマネーの提供会社)の3社が揃って加盟しているのは「JICC」です。

「JICC」からの情報提供を受けて、「LINE Pocket Money」の審査を、3社が審査するので間違いないでしょう。

スポンサーリンク

信用情報の提供が「JICC」である意味

「CIC」には携帯電話の延滞情報があるため

「CIC」には、携帯電話3社の延滞情報が蓄積されます。

最近は、スマホの高額化で、スマホ代金を分割払いにしたところが滞納してしまう人が多いようです。

長期滞納の場合は、「CIC」に記録が残ります。

そんな人が「LINE Pocket Money」でお金を借りられるか心配して、信用情報機関が「CIC」か気になるのだと思われます。

「JICC」だから?

「LINE Pocket Money」の審査のための信用情報機関が「JICC」であるからか、携帯電話の滞納をしている人でも審査を通過した、と喜んでいる人があります。

調べてみると、LINEポケットマネーには、CICの情報提供がされている記載がありました。

まとめ

携帯電話の滞納の人でも、「LINE Pocket Money」の審査が通るかもしれません。

緊急にお金が必要な人には、ありがたいですね。

でも、ちゃんと返せるように、がんばりましょうね。

「LINE Pocket Money」の審査のための信用情報提供機関について、深堀しました。

アルファベットばかりだと、みんな同じに思える~

コメント