LINEPocketMoney(ポケットマネー)審査長い理由判明!!

この記事は約2分で読めます。

審査結果が、なかなか出ないぞ~

その理由が分かりました!

LINE Pocket Money(ポケットマネー)の審査が長い理由が判明しました。

それは、間に「手作業」が入る場合があるからです。

まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pocket Moneyの審査が長い

LINE Pocket Moneyで申し込んで、審査結果が出るまでの時間の違いがありました。

以下の様なものです。

申込不可

前提として、「LINEスコアが300以下は、申込できない」となっています。

申込さえできないので、時間の無駄はありません。

即効で否決

LINE Pocket Moneyで申し込んでから、「ブラックや総量規制は、20分程度で否決される」というのは本当です。

時間が、長い場合

時間がかかった場合は、「可決」「否決」、両方あり得ます。

これは、審査の過程で手作業があるからです。

OpenChatに、間違って個人情報を共有してしまったとのことです。

LINE Pocket Moneyの審査が長い理由

審査の時間が長いのは、「手作業」が入るからです。

それが分かったのは、情報漏洩事故です。

申し込みがあった人のうち、280人が審査のために共有されようとしたのです。

申し込んだ人の一部の人だけが、手作業での審査に回されるということです。

手作業が入ると、途端に長くなる

AIとか、スコアとか言っていた割には、「審査は手作業かよ!」。

でも、手作業が入ると時間がかかるのは理解できます。

忖度も入れられる

人間が審査に入ることで、忖度が入る余地があります。

考え物ではありますが、考えようによっては、チャンスでもあります。

まとめ~待ちきれないときには

個人情報の漏洩にも負けず、Pocket Moneyには、がんばって欲しいと思います。

最後の最後に、審査結果が待ち遠しいあなたに、最強・最短の資金調達法を教えます。

不用品でも、売るものがある人

不用品でも、売るものがある人なら、転売・物販・せどりもできます。

応援するぞ~

コメント