MENU
光太郎
ITエンジニア
国立工科大学卒業後、30年以上、一貫してITエンジニアの道を歩む。キャッシュレス決済を活用を推進し、オトクな情報に目が無い。3人の子供に囲まれ、常に妻の顔色を伺っているため、危険察知能力が高い。

line pay(ラインペイ)ポイントが付与されない?通常付与はボーナスへ。

7月まで還元されていたLINEポイントが付与されない・・・

2019年からは、LINEPayボーナスの付与に変わったよ。

前月の使用金額に応じて「マイカラー」というランクにより、LINE Payでは還元されます。

最低でも、決済金額の0.5%が還元されます。

それが、「2019年8月から、決済金額に応じたLINEポイントが還元されない」という声が聞こえます。

それはなぜなのか、まとめてみました。

目次

line pay(ラインペイ)ポイントが付与されない?

決済金額に応じた、「最低0.5%のLINEポイントが付与されない」という理由は、2019年8月からのルール変更にあります。

ポイント付与が、LINEポイントからLINE Payボーナスに変更

2019年8月から、「マイカラー」で算出される割合での還元が「LINE PAY(ラインペイ)ボーナス」でされることになりました。

2019年7月までは、「LINEポイント」で還元されていました。

2019年8月から「LINEポイント」で還元されず、「LINE PAYボーナス」で還元されるようになったので、

「LINE Payボーナス」は、LINE Pay残高に合算して表示されます。

LINEポイントは別に表示されます。

上の例で「18,151円」は、「LINE Pay残高」と「LINE Payボーナス」が合算したものです。

一方で、「419ポイント」と表示されているのが、LINEポイントです。

2019年7月までは、LINEポイントに還元されていたものが、「LINE Payボーナス」に還元されるようになったのです。

「LINE Payボーナス」履歴への還元を確認する

LINEウォレットのトップ画面には合算されている「LINE Pay残高」と「LINE Payボーナス」ですが、その内訳は「LINE Payボーナス履歴」から確認できます。

[https://9r-pay.com/bonus/#toc7]

「LINE Payボーナス」付与タイミング

「LINE Payボーナス」は使い道が限られ、改悪と言われますが、悪いことばかりではありません。

QRコード払い・オンライン払いの場合の付与タイミングが、LINEポイントより早くなります。

QRコード・オンライン決済の「LINE Payボーナス」は直後

QRコード払い・オンライン払いの場合の「LINE Payボーナス」は、決済の直後です。

その時の通信状況などにより変わりはあるでしょうが、実例の一つです。

下の図の赤枠は、11時4分に「116円」の決済をしたものです。

「2円相当」とあるのは、ポイント還元される額です。

LINE Payボーナス履歴を見てみましょう。

決済と同時刻の11時4分に、「2円」の付与があるのが分かります。

LINE Payカード・QUIC Pay+の「LINE Payボーナス」は月末締め翌月

LINE Payカード・QUIC Pay+の「LINE Payボーナス」還元は、商品出荷などのタイミングで違います。

大体、月末締め翌月には還元されます。

まとめ

還元が、LINEポイントから「LINE Payボーナス」になったのは、改悪と言えます。

しかし、LINE社も100億円以上の赤字を出して、キャンペーンを行っています。

企業存続のためには、キャンペーンの縮小もやむないでしょう。

消費者としては残念ですが、オトクな内に賢く使うしかないですね。

 

「LINE Payボーナス」残念だぞー!

 

目次
閉じる