LINE Pay(ラインペイ) 楽天Pay PayPay 勝つのは、どれ?【2】アプリの比較

この記事は約4分で読めます。

楽天アプリは個人送金もできるね。あと、現金化も!

使い勝手は、どうかな?

楽天Payが、楽天エディと楽天Point、すべて管理できるアプリをリリースしました。

LINE Pay・楽天Pay・PayPayのアプリを比較してみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アプリの比較

まず、最初に、スマートホンにインストールして使うのがアプリです。

限界はありますが、ほぼ、どれだけでもアプリはスマートホンにインストールできます

スマートホン1台に対し、「LINE Pay」も「楽天Pay」も「PayPay」も入れて使うことが出来ます。

 LINE Pay楽天PayPayPay

電子マネー

LINE Pay残高
LINEポイント

楽天キャッシュ
楽天ポイント
(楽天エディ)

PayPay残高
PayPayボーナス

支払い手段コード・QR支払い
カード(バーチャル・リアル)
請求書
オンライン
QUICPay
外貨両替
自動販売機
コード・QR支払いコード・QR支払い
支払い方法前払い(チャージ残高)後払い(クレジットカードのみ)前払い・後払い
個人送金○「友だち」必須
現金化×(楽天銀行のみ。停止中)×
現金化手数料216円現金化金額の10%×
通常ポイント還元率0.5~2%(コード支払なら⁺3%)1%0.50%
ポイント2重取りLINEショッピングなどを経由するクレジットカードからのチャージでポイント追加クレジットカードからのチャージでポイント追加

補償

10万円まで ?

セキュティ認証

国際規格「PCI DSS」認証

これがトップ

サービス認知度トップ利用率トップキャンペーン認知度トップ

■販売店

QR決済手数料無料(2021年7月まで)3.24%無料(有料化の時は事前告知)
入金サイクル当月末締め、翌月末入金楽天銀行なら翌日入金ジャパンネット銀行なら翌日入金
利用客への接点リアルタイム××
 LINE Pay楽天PayPayPay

以下、各項目の中から特記事項を見てみましょう。

支払い手段・方法

支払い手段は、LINE Payが最も多く、プラスチックカード(リアルカード)ならJCB加盟店でほぼ使えます。

楽天PayとPayPayは、コード決済のみになります。

また、プリペイド(先払い)は、事前にチャージした金額から使うので、使いすぎを防止でき、不正利用時の被害を最小化できます

ポイント還元率

キャンペーン以外の還元率です。

LINE Payは最小で0.5%に加えコード決済なら3%がプラスです。

楽天Payも0.5%に加え、クレジットカードの使用で1%がプラスされます。

PayPayも基本は0.5%、クレジットカードチャージでポイントが1%加わります。

LINE Payがリードしています。

現金化

使おうと思ってチャージしたけれど、使わないとか、現金が必要な時に、LINE Payなら現金として銀行口座に戻すことができます。

楽天Payは後払いなので、現金化はありません。

PayPayはチャージしたものを現金にはできません。

お店にやさしいか?

唯一といってよいLINE Payの弱点が、販売店への入金が遅くなることです。

自営業の人なら良くわかるでしょうが、商売を回すには仕入先への支払いが必要です。

お客さんが現金で払ってくれれば、すぐ支払いに充てることができます。

クレジットカードだと、月末締め翌月払いのように、1カ月後にしか入金されないことが多いです。

楽天PayやPayPayなら、特定の銀行の口座が必要ですが、決済翌日に入金されます。

お客さんへのアプローチがリアルタイムでできる

資金繰りだけ見たら、前項の通り不利なのですが、LINE Payなら、LINEでお客さんへリアルにアプローチができます。

余り気味の在庫を、「値引きで販売するよ」と常連客に通知したり、「こんなセールをするから来てね」などど、好きな時に発信できます。

この強みは、他のサービスにはありません。

まとめ

自分がよく使うお店で、使えるサービスを選びましょう。

その点、使えるお店が最大の「LINE Pay」は第一選択肢になるでしょう。

20%還元などの高い還元率がある場合は、色々と使ってみるのもいいですが、最終的には2つ程度に絞った方が良いです。

やっぱり、LINE Pay良いよ

コメント