LINE Pay(ラインペイ)送金の手数料や依頼の仕方

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

スマホでお金を送るって、怖くないかな?

大丈夫! ちゃんと証拠も残るし、すぐに反応もあるので、安心だよ。

LINE Pay(ラインペイ)の強みの一つが「個人送金」です。

今回は、LINE Payを使った個人送金の条件や手数料、具体的な方法をまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Payで個人送金

日本で、7万2千人以上の人が使っているという「LINE」です。

日本人の半分が「LINE」を使っている計算です。

その約半数が、Line Payを使っていると言われます。

「LINE Pay」を使っている相手なら、誰にでも送金できます。

個人送金できる条件

個人送金するには、条件があります。

送り側・・・銀行口座を登録することで、個人確認が済んでいること
受け側・・・LINEのアカウントがあり、LINE Payの「利用登録」が済んでいること

送る側は、銀行口座登録が必要です。

受け側は、銀行口座登録していなくても、受け取ることができます。

ただ、LINE Payの利用登録が終わっていない友達に送ると、このようになります。

「7日以内にLINE Payに加入してアカウントを開設しない場合は送金がキャンセルされます」

とあるように、7日経過したらキャンセルになります。

送金の金額と手数料

送金は、最小1円からできます。

1日の送金の上限は、10万円です。

送金にかかる手数料は、「無料」です。

送金の方法

以下が、個人への送金方法です。

  1. LINE Payで「送金」をタップします。
  2. 「友だちを選択」で、送金する相手を選びます。
  3. 送金する金額を入力し「次へ」をタップします。
  4. 送金に沿えるメッセージを入力するか、画像を選択し「送金する」をタップします。
  5. 指紋。またはパスワードで認証します。
  6. 「確認」をタップします。

送金が終わると、相手のトークにこのように表示されます。

リアルタイム性の高さが、LINEならでは、ですね。

まとめ

感謝やお礼の気持ちを、瞬時に伝えることのできるLINE Payの個人送金。

これが手軽にできるのって、素晴らしいですね。

LINE Payが始まった2016年には、

カツアゲ(恐喝)などの犯罪に使われるのでは?

と言われていましたが、そんな話は、ほぼ聞きません。

それもそのはずです。

誰が・誰に・いつ、お金を渡したのかわかってしまうので、証拠になります。

お金が、情報技術によって進化しているのですね。

 

遠く離れていても、誰にでも、感謝の気持ちが伝えられるね。

 

 

 

コメント