LINE Pay(ラインペイ)で税金の支払 取り扱い増加!

この記事は約3分で読めます。

自動車税や住民税、固定資産税など、たくさん払うのもったいない!

納税は、国民の義務だから、絶対納めないといけないよ。でもちょっとでも節約できたらいいね。

税金の支払いというと、「Yahoo!公金支払い」を通してしか「クレジットカードで払う」ことは出来ませんでした。

LINE Pay(ラインペイ)によって、税金の支払いを「キャッシュレス」でできる選択肢が増えて来ています。

請求書支払いが、益々できるようになって来ているニュースです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

請求書支払い、拡大

LINE Payの請求書支払いで、福岡県でも自動車税が納付できる

Yahoo!ニュース】より引用

福岡県でも、自動車税をLINE Payで納めることができるようになる報道です。

福岡というと、Yahoo!のお膝元だったはずですが。

遂に、LINE Payが牙城を崩したのです。

同じようにできる県は、どんどん増えるでしょう。

税金など請求書支払いできる一覧はこちら

税金の納付の仕方も選べるようになる

これまで、どうしてYahoo!だけだったのか分かりません。

消費者としては、自由競争によりお得になれば、嬉しいですね。

Line Payだと税金の支払いは、ポイント還元されません。マイカラーのランクアップの対象にもなりません。

出典:LINE公式ヘルプ

「手元で納められるから、早くて便利」というだけですね。残念です・・・

ポイント還元率の決め方「マイカラー」

自治体・利用者・業者、それぞれのメリット

スマートフォンさえあれば、手元で税金を納めることが出来ます。

これによるメリットです。

自治体

納税を勧める自治体には、こんなメリットがあります。

  1. 納税者が納税しやすくする。
  2. 滞納が減り、督促などの人件費を抑えることができる。
  3. 浮いた時間を、他のサービスに回すことができる。

「納税しやすくしたんだから、言い訳しないで納めてね」といったところですね。

利用者

納税のための選択肢が増える利用者には、こんな良いことがあります。

  1. クレジットカードが無くても、スマホがあれば納めることが出来る。
  2. 少しても得な方を選べる。

業者

自治体の業務を代行する業者の利点です。

  1. 自治体の事務効率化した分を手数料として受け取れる。
  2. 決済のためのインフラを活用できる。

まとめ

LINE Payで税金が納められる自治体が、増えつつある現状と理由をお知らせしました。

PayPayは、Yahoo!の資本企業なので、このまま黙ってはいないでしょう。

ポイント還元以外の策を売ってくるかもしれません。

今のところ静かな楽天ペイの動向が気になります。

2019年の3月半ばには、何か起こりそうですね。

クマは税金を納めなくていい!!

自動車税でポイントもらえる?

コメント