LINE Pay(ラインペイ)がスタバで使える!店舗限定なし!!

この記事は約3分で読めます。
LINEのマイカードに「スターバックスコーヒー」を追加できるようになったね!
そうだね。全国のスタバでLINE Payが使えるようになったのと同じだね。

LINEの「マイカード」に「スターバックスカード」が追加できるようになりました。

「マイカード」は、追加していないと黒い影に十字となっています。

上の画像の「LINE Starbucks Card」既に有効な状態にしたものです。

簡単に登録できますね。

今回は「LINE Starbucks Card」について、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「LINE Starbucks Card」登場

これまでのLINE Pay対応店舗は一部

今までも、東京を中心とする一部の店舗で、LINE Payのコード支払いによる決済はできました。

公式ブログ「使えるお店」】より

公式ブログでは、10店舗の掲載がありました。

全店舗対応の「LINE Starbucks Card」

今回の「LINE Starbucks Card」の登場で、全国のスターバックスの全てのお店で、間接的にLINE Payで決済できることになりました。

「間接的」というのは、こういうことです。

  • 「LINE Starbucks Card」は、LINE Payからチャージできる
  • 「LINE Starbucks Card」は、そのバーコードを、お店でスキャンすれば決済に使える

結果的に、LINE Payでキャッシュレスで、スタバのコーヒーが飲めます。

お得なのはコード決済

「LINE Starbucks Card」を使うと「star」というポイントがもらえて、貯めると特典のある「STARBUCKS REWARDS」があります。

頻繁にスタバを使う、常連の方ならご存知でしょうか?
相当使わないと特典は得られないようです。LINE Payコード支払いができるお店なら、2019年7月末までは、コード支払い3%上乗せのポイント還元がLINE Payではあります

ですので、コード支払いができるお店なら、コード支払いを使った方が、「LINE Starbucks Card」を使うよりお得になります。

「LINE Starbucks Card」へのチャージ単位は、1000円以上になります。細かい金額はチャージできません。

スターバックスでキャッシュレス

とはいえ、コード支払いできるSTARBUCKS のお店は全国にまだ少ないので、スターバックスファンの方には嬉しいですね。

スターバックスにはコアなファンも多く、意識も高いので、キャッシュレスが進むと喜ばれるでしょう。

話題の人気メニューを頼んだり、友達におごったりしてもいいですね。

割り勘や個人送金も、LINE Payなら簡単にできますし。

公式サイト】より

カード発行方法

ガイドに従って進めるだけで、簡単にカード発行できます。

ポイントは、既にスターバックスの会員カードを持っている場合は「My Starbucks会員」をタップして既に持っている会員番号等を入力します。

まだ、会員で無い人は「新規発行」をタップします。

これぐらいです。

注意点

注意点としては、「LINE Starbucks Card」へのチャージは1000円以上です。細かい金額をチャージできないのが、残念です。

まとめ

大手人気店のスターバックスに、LINE Payが対応したことは大きいですね。スタバの決済もキャッシュレスで、スマートにオトクに出来ちゃいます。

LINE Pay拡大の勢いは、まだまだ止まりません。

今度は、スタバだ!

コメント