LINE Pay(ラインペイ)専用アプリ・リリース、秘密のお得ポイント

この記事は約3分で読めます。

LINEアプリでLINE Payが使えるのに、なんでLINE Pay専用アプリがいるのかな?

確かに。だけど、若い人には使いやすくでも、ごちゃっとしてお年寄りには厳しい感じだったんだよね。

「平成最後の超PAYトク祭り」と同時に発表されたのが、LINE Pay専用アプリのリリースでした。

キャンペーンの期間中に、LINE Pay専用アプリで1回で決済すれば、5000円分の上限が10000円分になります。

「ぜひ、アプリを使って!」という想いが溢れていますね。

LINE Pay専用アプリの良い点・残念な点を、まとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Pay専用アプリ・リリース

LINE Payのコード支払い専用のアプリです。

素早く使えて、近所の使えるお店が分かりやすくなっています。

お店での支払いが早くできる

自分で、お店のコードを読むのが「ユーザースキャン」。
お店のレジのスキャナーで、スマホのコードを読み取ってもらうのが「ストアスキャン」。

ユーザースキャンとストアスキャンを、画面切り替えなしで使える画期的なアプリとなっています。

PayPayも楽天Payも、Origami Payも、切り替えが必要です。

同じ画面内に、コードも表示し、スキャンのカメラも動作します。

ありそうでなかった、なかなか、良くできた機能です。

近くで使えるお店がわかる

これについては「やっと」という感じです。

他のサービスでは、当たり前のように実装されているのに、「なんでLINE Payにはないの?」と思っていましたが、LINEアプリには入れられない構造上の問題があったのでしょう。

別アプリにすることで、ようやく追いついたののですね。

娘がお気に入りのレゴランド周辺のお店を検索してみした。

他のサービスとも比較してみました。

クリックで拡大

クーポンを一括管理

クーポンがどこでもらえるか、分かりにくかったのですが、このアプリではクーポン専用のページがあり、受け取りやすくなっています。

秘密のお得ポイント

この操作をして気づいたのですが、LINE Pay専用アプリだけでもらえるクーポンがあります。

ファミリーマート限定の100円クーポン・ローソンの100円クーポン・Right-Onの400円クーポンなど、使えるクーポンがこのアプリから「だけ」入手できます。

アプリを入れるとお得ができますね。

これ、他の人はほとんど言っていません。

ただ一つの残念ポイント

お店で使う前提なら、「マイカード」の機能も実装して欲しかったですね。

コード支払いするお店では、Tポイントやポンタポイントがもらえるお店が多いので、同じアプリ内から呼び出して使いたいです。

今は、仕方なくLINEアプリのウォレットから、マイカードを呼び出す今までの操作をしてます。

是非、LINE Pay専用アプリでも、「マイカード」機能を搭載して欲しいです。

マイカードについて、詳しくは

まとめ

キャンペーンでは、専用アプリでの決済が推進されます。

早く、快適に決済できるアプリです。インストールするだけで、さらにお得できます。

ぜひ、一度使って欲しいものです。改善点を提案したら、直してもらえるかもしれません。

LINE Pay 決済専用アプリは、下のリンク先からダウンロードできます。

専用アプリだぁ!

コメント