LINE Pay(ラインペイ) 募金して羽生結弦スタンプをもらう!期間限定

この記事は約3分で読めます。

3月11日は、東日本大震災で沢山の被害があったね。

そうだね。
その後も色んな災害が起きているけれど、LINE Payでも寄付ができるよ。

2011年3月11日は、東日本大震災が起きました。その後も、数々の災害が起きています。

震災・洪水などの大規模災害の支援のため、LINE Payでも募金ができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINEでできる「募金」

フィギュアスケートの羽生結弦選手が、宮城県仙台市出身なのは有名ですね。

練習のために使っていたスケートリンクも被災し、かなり心を痛めたようです。

羽生結弦選手も、募金活動を支援しています。

募金でLINEスタンプがもらえる

期間限定で、羽生結弦選手のLINEスタンプが購入でき、売上金額の全額が寄付されます

公式サイト】より

以下、公式サイトの情報から抜粋です。

期間2019年3月7日~4月11日
価格1セット240円(LINEコイン:100コイン)
購入先

iPhoneの場合(スマートホン専用URL)

Androidの場合(スマートホン専用URL)

寄付先公益財団法人 日本財団「災害復興支援特別基金」

これは、「募金したら限定スタンプがもらえる」のと同じですね。

たとえば、ただ募金するのも良いけれど、「赤い羽根」もらうだけでも嬉しいです。

羽生結弦選手のファンの方は、ぜひ、募金してスタンプをもらいましょう。

LINE Pay・LINEポイントでも募金可能

LINE Payで寄付

LINE Payだと、1口300円で募金できます。

上のリンクをスマートホンでタップします。

LINEのアプリ起動を確認したら「LINE SMILE+ Project」のページが開くので、「数量」を入力して「寄付する」をタップします。

「300円」かける「数量」が、LINE Payからの寄付金額になります。

LINEポイントで寄付

LINEポイントなら、1ポイントから募金できます。

上のリンクをスマートホンでタップします。

LINEのアプリ起動を確認したら「LINEポイント」のページで「使う」をタップします。

「災害復興支援特別基金」を入力して「寄付する」をタップします。

タップで拡大

LINEの利用者は、7千万人を越えるらしいので、1人が1ポイント募金すれば、7千万円は超えますね!

まとめ

自分が得するのも大事だけれど、節約して得したお金を誰かのために使ってこそ、お金も活きます

人生は、1分1秒の時間の積み重ねです。

亡くなった方は、本来、生きられる人生の時間を無くしたのです。

大切な人生の時間を、レジやATMに並ぶのに費やすのは、もったいないと思いませんか?

キャッシュレスで、余分な時間を節約し、得したお金の少しでも、寄付して善に励みましょう。

ボクも募金するぞ!

 

コメント