LINE Pay(ラインペイ)改悪はポイント?

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

「ラインペイ 改悪」ってグーグルのサジェストに出てきたけど、悪いことがあるのかな・・・

それは、2018年の8月にあった、還元率の引き下げだね

Google検索の「サジェスト」というものがあります。

検索窓に文字を打ち込むと、良く検索されている言葉の組が表示されます。

試しに、いま「ラインペイ」と打ち込むと、こんな風に表示されます。

「ラインペイ」と共に、よく検索される言葉が表示されます。

ラインペイ カード
ラインペイ 店舗
ラインペイ cm
ラインペイ 改悪
ラインペイ 20 還元

これらが、「サジェスト」であり「サジェスト・ワード」です。

この中で気になるのが「改悪」という言葉です。

悪いイメージで、不安に思いますね。

今回は、「ラインペイ 改悪」について深堀りします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ラインペイ 改悪

ラインペイの改悪というと、2018年8月に、それまで一律2パーセント還元だったのが、「マイカラー」により、前月の利用金額にに応じて変動することになりました。

 

公式サイト】より

その発表が遅れたのと、当初は「送金人数」も条件にあったため、とても分かりにくかったのが「改悪」と言われました。

この時、LINE社は、「利用者は『損』をすることに過度に反応する」ことを学んだのでしょう。

なぜ、今頃「改悪」が?

ラインペイで検索したら「改悪」が出てきます。

それを見て「不安」を感じた人たちが「ラインペイ 改悪」を選択し、ますます、「改悪」が上位にきてしまったのでしょう。

日本人は、世界的に「不安」を感じる国民性だということです。

なぜ、PayPayは「改悪」ではない?

ちなみに「ペイペイ」で検索しても「改悪」は出てきません。

「100億円あげちゃう」の第2弾も、改悪ではないのですね。

通信障害や不正利用で、悪いイメージになったので、これ以上、悪くはならないから「改悪」は問題でないのしょう。

まとめ

今回は「ラインペイ 改悪」を記事にしました。

「改悪」という語句が表れても、うろたえる必要はありません。

「改悪」って、ドキッとするよね

 

 

コメント