紙幣刷新なぜ?理由と意味をキャッシュレスから読み解く

この記事は約4分で読めます。

お札の絵柄が、全部変わるんだって!

ニセ札対策なんだけど、キャッシュレスにしたら不要だね

20年ぶりに紙幣を刷新するようです。ニセ札対策が、紙幣一新の主目的だそうです。

アメリカや中国などは、偽札多いのがキャッシュレスが進んだ大きな原因です。

紙幣刷新とキャッシュレスについてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

紙幣刷新とコスト

紙幣の刷新を数年以内に行う意向であると、政府関係者が2019年4月9日未明に明らかにしました。

毎日新聞のサイト】より

その後「2024年を目途に」ということが報道されました。実際に紙幣が変わるのは、少し先になります。

対応が必要になる金融機関には、安堵が広がっています。対応までに時間的な猶予があるからです。

紙幣刷新は、「令和」への改元に合わせたものではなく「偽札対策」が目的だということです。

紙幣と共に500円硬貨も新しくするため、「ATMや自動販売機に対し、新紙幣・新硬貨対応の需要が生まれ、経済効果も期待する」ということです。

需要を喚起して「お金を使わせたい」財務省と、少しでもコストを抑え「節約したい」経済産業省の違いが垣間見えるようです。

現金決済インフラの管理コスト

キャッシュレスを進める理由の一つに、「お金の管理コストを下げる」があります。

以下は、現金決済インフラの維持コスト(年間)です。

負担先内訳単位:億円
国立印刷局銀行券製造委託費500
造幣局貨幣製造コスト150
銀行(店頭)現金関連業務人件費1000
店頭設備投資760
ATM(銀行・コンビニ)機器費・設備費4120
輸送・警備委託費1400
ATM運営経費1460
流通・サービス業キャッシャーなど設備投資600
現金関連業務人件費(レジ締めなど)5000
ユーザー偽造紙幣被害0.1
合計14990.1

野村総合研究所の資料を元にまとめたものです。

合計すると、年間約1.5兆円が現金の維持に使われているということです。

ATM維持費に年2兆円

一方で、銀行やコンビニにあるATMの維持費は、年間2兆円だという試算もあります。2017年12月24 日に、日本経済新聞で報じられました。

出展:日本経済新聞電子版

日本全国に、ATMはおよそ20万台あり、1台の価格が300万円、警備や監視のシステムに毎月30万円かかる、とのことです。

紙幣刷新で対応のコスト

紙幣や硬貨を新しくすることで、さらにATMや自販機の対応コストが発生します。コストは需要の裏返しではありますが、他にコストを払うべきところがあるでしょう。

産業・技術開発、人材育成などです。

もっとキャッシュレスを進めて、不要なコストはカットすべきではないでしょうか?

キャッシュレスを進められれば

お金を「作る」「運ぶ」「守る」「使う」「集計する」「刷新する」。それらに、『兆』のコストを払っているのです。

キャッシュレスにすれば、このように削減できます。

偽造紙幣対策が必要なくなる

紙幣はなくならなくても限定的になります。「ホログラム」など高度な印刷技術が無くても済むので、印刷コストが減ります。

印刷する数自体も減ります。紙やインク、印刷設備も減らせます。

ATMが少なくできる

ゼロにはできませんが、ATM台数を減らせます。新規導入は減り、維持コストも減ります。

1台減らせれば、年間360万円。大きいですね。

レジも簡素化できる・レジ締めも要らない

「現金を渡して、お釣りをもらう」。こんな動作が無くなります。

QR決済なら、アルバイトでも外国人アルバイトにも任せられるでしょう。ローソンでは無人レジが運用され始めました。

集計も、キャシュレスならデータ化されているので、一瞬で終わります。

保管のための金庫も、警備も要らない

保管の場所も要らないし、警備の人や監視カメラとか要りません。

今更、紙幣を新しくする意味、あるのかな、と思ってしまいます。

今回が最後の紙幣刷新になるか?

これが、最後の紙幣刷新になるかもしれません。

キャッシュレスが急速に進んでいるので、これまでの紙幣刷新より経済効果が限定的という見方があります。

出展:日本経済新聞電子版

キャッシュレスが進んでいることで紙幣を一新しても、それほど経済効果が見込めないかもしれません。

最後の日本紙幣の「顔」になるかもしれない無い人

最高額紙幣の1万円札が、実業家の「渋沢栄一」の肖像になるようです。日本の顔が、思想家や宗教家でなく「お金第一」の実業家になってしまうのは、個人的にかなり残念です。

「お金儲け」が決して悪いわけではないけれど、「お金」は生きるための道具でしかない。「何のために使うか」が一番大切なので、それを示す思想や宗教がさらに大切です。

まだ、福沢諭吉さんの方が良かったし、聖徳太子が一番良かったと思います。

まとめ

奇しくも、キャッシュレスが進み、その役割が薄れつつある銀行。

その創始者である渋沢氏が、日本最後の高額紙幣の「顔」になるのも、時代の流れなのでしょう。

どうせなら、新紙幣には、3Dホログラムでなく、QRコードに暗号を埋め込んで欲しかったな。

最後の「紙幣刷新」になるのかな・・・

コメント