LINE Pay(ラインペイ)の本人確認は口座振替のペーパーレス化を進め、地球に優しい

この記事は約2分で読めます。

スマホだけで、銀行口座の連携ができるって、なんだか怖い・・

LINE Payの本人確認は、口座振替の申請をペーパーレスにしたものだよ。

LINE Pay(ラインペイ)の本人確認は、銀行口座を登録するのが一番良いです。

本人確認と共に、口座振替ができ、かつ銀行からのチャージができます。

本人確認でできること

今までの口座振替の手続きは、書面に印鑑を押して提出していました。

昔の人は、それが一番安心だったかもしれません。それでも、印鑑の偽造など、心配される要因がありました。

LINE Payの銀行口座登録は、スマホだけで手続きが完了します。ペーパーレス化を進められるので、森林資源を守り地球に優しいことが分かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

LINE Payの本人確認は口座振替のペーパーレス化を進め、地球に優しい

LINE Payの本人確認は、スマホだけで完結する、簡単でスピーディーなものです。

手軽にできてしまいます。

「口座振替」というと書面で申し込むものでしたが、そのような常識は覆っています。

LINE Payの銀行口座登録はWEB口座振替のため

LINE Payから申し込みますが、認証するのは「銀行」です。

銀行が認めて、初めて口座から引き落とすことが可能になります。

LINEがどれだけ強力に申請しても、銀行が許可しないと、銀行口座からのチャージはできません。

銀行口座登録ができるということは、銀行がLINE Payのチャージにお墨付きを与えている、ということです。

銀行口座登録ができることで本人確認できる

基本的に日本人は、日本の銀行にしか口座は作れません。

銀行の口座に登録できるのは、居住地が日本に限られるので「日本人」ということができます。

外国人労働者でも、LINE Payの銀行の口座の登録ができるか? というと、可能なのでしょう。

現住所が日本国内であれば、存在が認められているということです。

書面が無くても、口座振替ができる

技術の進歩により、スマホだけで口座振替の申請ができるようになりました。

書面を廃止しても、大丈夫になりました。

まとめ

大切な銀行口座なので、不安になる気持ちは分かります。

ただ、技術の進歩により、紙が廃止され、スマホだけで口座振替の申請から承認までができるようになっただけです。

全てを適当に承認しているわけでなく、ちゃんと「本人である」という認証を科学的に証明しているものです。

それで、コストを抑え、地球の資源も守れるようになるのです。

VIVA! ペーパーレス!!

コメント